しまなみ海道でイルカと触れ合えるドルフィンファームはイチオシの立ち寄りスポット

伯方島013
ドルフィンファームはイチオシの立ち寄りスポット

伯方島にある、「ドルフィンファームしまなみ」は、身近にイルカと触れ合うことのできる施設です。

私は30回以上、しまなみ海道を走っていて、「イルカと触れ合える場所があるらしい」と聞いていて、近くまで行ったことはあったのですが、なんとなく入りづらく、ずっとスルーしていました。

ですが、今回初めて行って見てびっくりです。

このイルカと触れ合える「ドルフィンファーム」、しまなみ海道の中でも、屈指の立ち寄りスポットだったんです。

このページの目次

しまなみでイルカを目の前で見て触れ合いもできるドルフィンファームの場所

しまなみでイルカと触れ合うことのできるドルフィンファームは、伯方島マリンオアシスのすぐとなりにあります。

しまなみドルフィンファームの位置

伯方島マリンオアシスは、サイクリストにとってちょっと休憩して、塩ソフトアイスを食べて、次の目的地へ向かうといった、休憩スポット的な位置づけになっています。

すぐわきに、こんな素晴らしい場所があるのに、ほとんどの人は見もしないで通り過ぎます。

私は知人に、「しまなみにイルカと触れ合える場所があるの知ってる?」と聞いたところ

殆どの人が「知らない」との返答が返ってきました。

こんなに素晴らしい施設なのに、ほとんどの人が知らないのです。私も今回、利用するまでは、立ち寄ろうとはしませんでした。ということは、

しまなみドルフィンファームは「宣伝が足りないんじゃないの!!!」

と思うのです。


しまなみドルフィンファームまで、サイクリングでかかる時間

しまなみドルフィンファームは、「伯方の塩」で有名な「伯方島」という、しまなみ海道で一番小さい島にあります。

伯方島へは、今治からサイクリングで行こうとすると、来島海峡大橋を渡り大島を縦断し、その隣が伯方島です。

しまなみファミリーおすすめ02
橋からの風景を楽しみながら行きましょう。

距離にして片道約25km足らず、往復約50km。時間にして片道約2時間半というところでしょうか。

お子様連れのサイクリングでは、ちょっときついかなぁ~。という距離ではありますね。

大人であれば、ゆっくりとあちらこちら立ち寄りながらいったとしても、2時間弱では到着できると思います。


イルカとどのような触れ合いができるか動画で紹介

それまで、「しまなみにイルカと触れ合える場所がある」という情報は掴んでいたものの、

なんとなくあまり積極的に行こうと思わなかった私が、今回このドルフィンファームへ行こうと思ったのは、両親を連れて行こうと思ったからです。

最近いろいろと病気を患っていて、少しふさぎ気味だった両親を、少しでも気分転換できるのではないかと思ったからです。

その試みは大成功でした。

イルカと身近に触れ合い、餌やりなどを体験した両親は、素晴らしい気分転換になったようで、子供のようにはしゃぎ、帰りの車の中でも、イルカの話題で持ち切りだったのでした。


イルカとのふれあい体験の料金

このイルカと触れ合うことのできる、しまなみドルフィンファームの利用料金ですが

それほど高くありません。

なんとなくこのような施設だと、イメージ的に「1500円くらいかな~」と思っていたのですが

なんと500円で、すぐ目の前でイルカたちを、見学することができるんです。

メニュー内容大人料金
(中学生以上)
子供料金
(4歳以上)
備考
見る(watch)桟橋から間近でイルカを見るプランです。
見るだけと言っても、本当に目の前で見る
ことができるのでおすすめです。
500円400円付き添いは無料
さわる(touch)イルカに触ったり握手やキスできるプランです。5000円5000円所要時間30分
レンタル器具込み
およぐ(swim)一緒にイルカと泳ぐことができるプランです。9000円(60分)(3/15~10/31)
5000円(30分)(11/1~3/14)
レクチャー20分
体験40分


シーズンによってはイルカに餌をやる体験も

私が両親をつれて、このドルフィンファームを訪問したのは暖かい3月13日でした。

申し込みをしたプログラムは、500円の「watch」というプログラム。

近くでイルカを見るだけでも、十分楽しめるだろうと思ったからです。

桟橋へ降りると、好奇心が旺盛なイルカたちはグングン近づいてきました。

もうそれだけで、両親は大興奮です。

伯方島014
イルカはグングン近づいてきます。

しばらくするとトレーナーがやってきて、「こんにちわ」と明るく挨拶して、「これから餌をやります。ちょっとした芸なども披露するので、楽しんで下さいね」と、さわやかに話かけてくれました。

伯方島006
餌をやりながら、芸の訓練を
見ることができます。

その様子を見ていると、今度は若い女性のトレーナーもやってきて、「今のシーズンだけ、プラス500円で、イルカたちに餌をやることができますけど、体験してみませんか?」と、

こちらもさわやかにニコッと笑いかけてきました。

その笑顔につられてように、親父は500円を出してイルカへの餌やりの初体験をしたのでした。

しまなみイルカ餌やり体験1
500円でイルカの餌やり体験

しまなみイルカ餌やり体験
イルカの餌やりに大興奮

※注)この500円で餌をやる体験ができるのは、イルカの状態とか、お客様の入り具合とか、季節とか、様々な要因が重なって、トレーナーさんの判断で、たまたま体験できたとのことでした。いつもできるわけではないそうなのであしからず。


イルカを見るだけでも十分に満足できる「しまなみドルフィンファーム」

ドルフィンファームの体験料金は、3種類に分かれていて、TOUCHとSWIMというメニューは、「やっぱりこのくらいはするよね」と、思ってしまう料金です。

ですが、見るだけのWATCHだけでも十分に楽しめます。

伯方島008
モグモグタイムを見るだけでも
十分に楽しめます。

イルカの泳いでいるビーチは5か所くらいに分かれています。

そして、トレーナーさん曰く、「昼から3回餌をやらなければいけないんですよ~」ということです。

この日のイルカへの餌やりは、二人のトレーナーさんが行っていましたので、つまりは5か所×3回=15回の餌やりをしなければならないということで

つまり、昼ぐらいからいくと、どこかで大体は餌やりをしているのを見ることができるということになるのです。

あの有名な北海道の「旭山動物園」では、モグモグタイムはすごい人だかりで、全然見ることができないし、しかも数時間に一回のモグモグタイムです。

正直評判ほど、旭山動物園は楽しめませんでした。

旭山は楽しめなかった
旭山動物園は評判ほど楽しめませんでした。

それに対して、このしまなみ海道にあるイルカの施設、しまなみドルフィンファームでは、ほとんどずっと、いつでもモグモグタイムを、目の前で見ることができるのです。

旭山動物園よりもよほどお薦めです。これは、お子様に是非見せてあげたらいいと思うのですよ。

旭山より絶対におすすめ
旭山動物園より絶対におすすめです。


初心者におすすめのしまなみの本

画像の説明

初心者におすすめのしまなみの本といえば、間違いなく「しまなみ島走book」です。なんといってもこの本は、しまなみでサイクリングガイドをしている「宇都宮一成さん」という方が、しまなみの面白いところや注意するところを、すべて紹介している本です。この本が一冊あれば、他の本は一切要らないというすぐれものです。宇都宮一成さんは新婚旅行を二人乗り自転車で世界一周してきたというすごい人なんです。そんな宇都宮さんが書いた本だから間違いないのです。

本の内容はこちらで詳しく紹介しています。⇒初心者におすすめのしまなみの本

伯方島に関連する記事

伯方の塩で有名な「伯方島」イルカにも会える

しまなみ海道でイルカと触れ合えるドルフィンファーム大三島から伯方島のサイクリング初心者のためのおすすめコース展望台からのパノラマビュー、半端なくすごい「開山展望台」伯方の塩ラーメンは話のタネに透明度が半端ないプライベートビーチ「沖浦ビーチ」

【しまなみ海道初心者のためのモデルコース】

尾道発しまなみ海道初心者おすすめコース

auto-Kd3MsT.jpg

尾道から、しまなみ海道の最初の島「向島(むかいじま)」へは、橋で渡るよりもフェリーで渡りましょう。フェリー代金は70円~110円、乗っている時間も5分ほどです。尾道と向島を結ぶ橋は、車がすぐ脇を通るので危険なので・・・

今治発しまなみ海道初心者おすすめコース

今治発

今治側からのしまなみ海道への旅は、しまなみ最長の橋「来島海峡大橋」からスタートになります。この「来島海峡大橋」と生口島と大三島の間に掛かる「多々羅大橋」が、しまなみ海道の橋の中で、私は断然トップ1、2の美しさです。折角ならば・・・

大三島発しまなみ海道初心者おすすめコース

Rdbc9a679569a407fda1f6ecce8fbccfb_m.jpg

大三島は、しまなみ海道のほぼ真ん中にあたります。大三島と隣の生口島を結ぶ「多々羅大橋」。その姿は美しく、しまなみ海道の中でも、橋からの眺めは、来島海峡大橋と並んでトップ1,2です。大三島は見どころの多い島ですが、最近のイチオシは・・・