気になる場所名やお店の名前を入力してください。関係する記事が表示されます。

しまなみ海道の初日の出絶景ポイント7選

しまなみ海道の初日の出の絶景ポイントを7選紹介します。いろいろなブログを見ると、しまなみ海道の初日の出の絶景ポイントとして紹介されているのは、「亀老山(きろうざん)」が多いですが、しまなみ海道の初日の出の絶景ポイントは、ほかにも沢山あります。参考にしてみて下さいね。

しまなみ初日の出絶景ポイント(その1):亀老山(きろうざん)展望台

しまなみ海道の中でもっとも有名な展望台だのが、今治から二つ目の島「大島」にある亀老山(きろうざん)展望台だと思います。

 

しまなみ海道の紹介をする、TV番組や動画の中で、もっとも出現頻度が高いのが、この亀老山(きろうざん)展望台です。

 

この亀老山(きろうざん)展望台で、特に有名なのは、夕陽が沈む頃の、来島海峡大橋の風景だと思います。

 

夕陽に照らされて、来島海峡大橋の影が海に伸びる。

 

また、夕陽のあとさらにこの亀老山(きろうざん)展望台からは、ライトアップされた来島海峡大橋の様子も、堪能することができます。

 

ライトアップされた来島海峡大橋

 

この亀老山(きろうざん)展望台からの、代表的な風景は、この来島海峡大橋を写真に入れた、夕焼けの写真や映像が多いです。

 

亀老山(きろうざん)展望台からは、朝日も美しい

この亀老山(きろうざん)展望台からは、朝日の風景も楽しむことができます。

この写真を撮影したのは、3月の時点の写真ですので、初日の出のときには、もう少し太陽は、この写真の右側のほうからあがることになります。

 

初日の出のときの亀老山(きろうざん)からみた太陽の方向

初日の出の時に、亀老山(きろうざん)から見た太陽の方向を、シミュレーションをしたのが、下の図です。

 

白いハイライトの方向が、亀老山展望台から見た、初日の出のときの太陽の方向ということになります。

 

この図を見て頂くと分かる通り、元日の初日の出の方向には、瀬戸内の島はなく、瀬戸内海の先に、四国の「土居」や「川之江」という方向から、初日の出があがることになります。

 

このあたりの地形は、狭い海岸に沿った平地の奥は、すぐに四国山地がつながっているので、瀬戸内海の先の四国山地から、初日の出があがるような景観になると思います。

 

しまなみ初日の出絶景ポイント(その2):糸山公園展望台

9月頃の糸山展望台からの朝日

糸山公園展望台は、来島海峡大橋から、太陽が昇るのを眺めることができる、絶景のビューポイントです。

 

上の写真は、糸山公園展望台から見た、9月ごろの朝日が上る方向の写真です。

 

このときの朝日が上る様子を、タイムラプス動画に撮影してみましたので、よろしければご覧ください。↓↓↓

 

 

この動画をご覧頂けばわかるように、糸山展望台からみたとき、9月ごろに朝日が上る方向は、来島海峡大橋と朝日を撮影することができる、朝日撮影の絶景の撮影ポイントなのです。

 

ところが、初日の出があがるころは、かなりこの写真と比較すると、随分と右側の方角から、初日の出が上ることになります。

 

糸山展望台からみた初日の出の方向

 

糸山展望台から、初日の出の方向をシミュレーションしたのが、以下の図です。

 

 

上で紹介した、9月時点の朝日の方向と比べると、初日の出の方向は、随分と南側に寄っていることがわかります。

 

糸山展望台から、この初日の出があがる方向あたりを撮影した写真がこちらの写真です↓↓↓

 

 

この写真よりももう少し左側の方向から、初日の出はあがることになると思います。

 

残念ながら、糸山展望台からの初日の出は、来島海峡大橋の雄大な姿と、初日の出をひとつの写真に撮影するのは、難しそうな方角から、初日の出は上ることになりそうですね。

 

しまなみ初日の出絶景ポイント(その3):大角海浜公園「大角の鼻」

11月中旬の「大角の鼻」から来島海峡大橋の日の出の様子

 

しまなみ海道の朝日の絶景ポイントの一つが、今治の「大角海浜公園」といわれる、とてもきれな浜辺がある公園の、「大角の鼻」という、瀬戸内海へ突き出た場所から撮影する、来島海峡大橋と日の出の写真です。

 

上の写真は、「大角の鼻」から、11月頃に撮影した写真ですので、初日の出の頃には、太陽はもっと写真の右側からあがることになります。

 

つまり、来島海峡大橋の真ん中あたりから、初日の出が上るような写真を、撮影することができるというわけですね。

 

初日の出のときの「大角の鼻」から見た太陽が上る方向

 

初日の出のときの、大角の鼻から太陽が昇る方向をシミュレーションしたのが、こちらの図です↓↓↓

 

 

この図をご覧頂けるとわかるように、上で紹介した11月中旬の頃の写真と比べると、随分と来島海峡大橋よりから、太陽が昇ることがわかります。

 

丁度、来島海峡大橋の真ん中から、初日の出はあがりそうです。

 

この、「大角の鼻」から見た初日の出があがる方向は、今回紹介する「しまなみ海道の初日の出スポット」として、かなりおすすめな撮影スポットと言えると思います。

 

しまなみ初日の出絶景ポイント(その4):ふるさと歴史公園(伯方島)

伯方島にある「ふるさと歴史公園」は、眼下に「伯方造船」という造船の工場と海という、造船業が盛んな「伯方島」ならではの風景を楽しむことができる絶景ポイントです。

 

「ふるさと歴史公園」は、伯方島の東側にあり、瀬戸内海を挟んで四国方面を眺めることができます。

 

伯方島は「伯方の塩」で有名であるとともに、造船業も盛んで、この「ふるさと歴史公園」は、造船業で栄えている様子を見ることができるモニュメントなども、屋外展示されています。

 

 

初日の出のときの「ふるさと歴史公園」から見た太陽が上る方向

 

初日の出のときの「ふるさと歴史公園」からみた、太陽の方向は以下の図のとおりです。

 

造船の工場の様子と、瀬戸内海の燧灘と、その背面にある四国の山々から上る初日の出を、写真に収めることができます。

 

 

しまなみ初日の出絶景ポイント(その5):宝股山(伯方島)

 

この投稿をInstagramで見る

 

kazu(@kazu1120831)がシェアした投稿

しまなみ初日の出絶景ポイント(その6):積善山展望台

しまなみ初日の出絶景ポイント(その7):一峰寺山展望台

 

最新情報をチェックしよう!
>しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道の初心者におすすめの本といえば、間違いなく「しまなみ島走book」です。なんといってもこの本は、しまなみでサイクリングガイドをしている「宇都宮一成さん」という方が、しまなみの面白いところや注意するところを、すべて紹介している本です。この本が一冊あれば、他の本は一切要らないというすぐれものです。宇都宮一成さんは新婚旅行を二人乗り自転車で世界一周してきたというすごい人なんです。そんな宇都宮さんが書いた本だから間違いないのです。

CTR IMG