大三島リモーネの評判、口コミ

大三島の無農薬無添加レモンリキュールがおすすめ

大三島で無農薬の柑橘類を生産加工販売しているリモーネは、大三島へサイクリングしたときは必ず立ち寄るようになったお店である。

画像の説明

以前雑誌からテレビで「東京から大三島へ移住してきて、レモンや柑橘類の生産をはじめた夫婦がレモンや柑橘類を使ったショップを展開しようとしている」という評判を聞き、機会があったら一度訪問したいと思っていたのである。

小さなショップへ入ると若い女性がショップの奥から、いらっしゃいませと明るく声をかけてくれた。

画像の説明

何かの雑誌に、「大三島の太陽のように明るい女性」というふうに紹介されていた女性で、ショップのオーナーさんのようである。

狭い店内に、柑橘類を使ったリキュールやドレッシングが所狭しと綺麗に配列されている。

この女性、リモーネのサイトのプロフィールを見ると「山﨑智子」さんというらしい。

基本的にあまり人としゃべることが得意でない私に、この「智子さん」はいろいろと、無農薬の柑橘類のことや商品について話かけてくれた。本当に明るい太陽のような女性で、私はこのショップが大三島のお気に入りのスポットになってしまったわけである。


リモーネのレモンの無農薬リキュールを購入してみた

リモーネの陳列台にには、無農薬のリキュールやドレッシング、ドルチェというスイーツなどなどいろいろと並べられている。

酒好きの私としては、やはり「無農薬で作ったレモンで作ったレモンリキュール」と聞くとこれは、絶対に無視できない。

「他にもネーブルを使ったリキュールやライムを使ったリキュールもありますよ」「レモンリキュールは本場のイタリアでは食後のデザート酒です。飲むときは冷凍庫に入れてガンガンに冷やしてからストレートで飲むのがおすすめです。」と智子さんが教えてくれた。

通常レモンは無農薬で作ることは難しいと聞いている。アメリカ産のレモンなんて農薬まみれという情報も聞く。そんなレモンを無農薬で栽培していて、それから抽出されたレモンリキュールなんて、これは絶対に飲むしかないではないか。ということで、1本購入しバッグに入れて持ち帰った。

レモンリキュールの第一印象は「わーぁっ、甘い!」

大三島のリモーネで購入したレモンリキュールを購入したその日、夕食後にお気に入りの音楽を聞きながら飲むことにした。

リモーネ01

リモーネのオーナー智子さんに進められたとおり、持ち帰ってすぐに冷凍庫へ入れ(リキュールは冷凍庫でも凍らないと智子さんから説明を受けていた)ギンギンに冷やし、ストレートでクイッと一飲みしたわけである。

r-リモーネ02

「甘い!あますぎる!!」これが第一印象である。

普段ウイスキーをロックで飲んでいる私にとっては、このレモンリキュールはさすがに甘すぎた。

それならばと今度はロックで飲んでみた。

r-リモーネ03

多少は甘味が抑えられレモンの酸味が感じられるようになったが、それでもやはりかなり甘い。

後日、リモーネを再訪した際に、「レモンリキュール、すすめられたようにストレートで飲んでみたけど、アラフィフおやじにはちょっと甘すぎだったよ」という話を智子さんに言ったところ、「そうですね。私も甘いと思います。でもイタリアで飲まれているデザート酒はもっと甘いんですよ」と、カラカラと明るく笑った。

そして「もう少し甘味を抑えたものもありますよ。」と奥の冷蔵庫から出してきたレモンリキュールをグラスに注いで飲ましてくれた。こちらのレモンリキュールは、先日購入したものよりも、若干甘さが抑えられていた。それでもやはりかなり甘い。

「リキュールですからね。やっぱり甘いですね。」と智子さんはニコニコしながらそう言った。


レモンリキュールを使ったおすすめのカクテル

せっかくの無農薬のレモンのリキュールであるから、アラフィフおやじでもなんとかお酒として楽しみたいと思っていた。

ストレートとロックで半分ほど飲んだレモンリキュールは、冷凍庫でそのまま半分くらい残ったままでいた。

リモーネの智子さんからは、「ジンやウォーカで割るのはやめたほうがいいですよ。どっちも強いお酒ですから、すごく強いお酒になっちゃいますから」とおすすめされなかった。

だが、私はせっかくの無農薬のレモンリキュールだから、美味しく「お酒」として楽しむ方法はないかと思っていた。

そこで馴染みのバーへ行きマスターへ「レモンリキュールを使ったカクテルできない?」と相談してみたのである。

r-レモンリキュールについてマスターに聞いてみた

その時に教えてもらったカクテルが、ドツボにはまったので紹介しておこうと思う。

アラフィフおやじがはまったレモンリキュールを使ったカクテル

r-レモンリキュールのカクテル

マスターに相談したら、「きっとこんなのがお口にあうと思いますよ」と言って出してくれたのが、このレモンリキュールを使ってつくってくれたカクテルである。

レモンリキュールを使ったカクテルのレシピ

r-リモーネ04
  • ジン:30ml
  • レモンリキュール:15ml
  • レモン搾り汁:15ml
  • ロックでステア

このカクテルであれば、ジンの独特の松やにの臭いも楽しみながら、レモンのさわやかさを楽しむことができるカクテルである。

シェーカーも必要ないステアー(スプーンでかき混ぜること)で作ることができる。

作り方は簡単である。ロックグラスにジンを30ml、レモンリキュール15ml、レモンの搾り汁15mlを入れて、そこに氷をいれ、6から7回くらいステアするだけである。

あまりステアしすぎると氷が解けすぎて水っぽくなるので注意が必要である。このカクテルであればベースがジンであるので、しっかりと「お酒」を感じられることができる。

女性であればロンググラスにして炭酸ソーダをいれればれっきとしたジンベースのカクテルである。

ただし注意しなければいけないのは、とにかく飲みやすいので飲み過ぎに注意することである。マスターの店で2杯ほど作ってもらっただけであるが、飲みやすいので10分ほどで飲み干し、その後結構、酔っぱらい感を感じることができた。

これで無農薬のレモンリキュールを、一番リラックスする時間に、楽しむことができることになった。「レモンリキュールって甘いから」と思っている諸兄には、是非試していただきたいカクテルである。

コメントを頂けるとうれしいです。

(認証コードを「認証コード枠」に入れるとコメントが書けます。)


関連ページ