画像の説明 画像の説明 画像の説明

しまなみ「大島」の初心者サイクリストのおすすめポイント

大島の北にある「村上水軍博物館(写真➄)」まで行って欲しいところです

来島海峡大橋を渡って大島に降りたら、本当は村上水軍博物館(➄)と、村上海賊の娘の舞台となった能島を見ることができる海岸通り(④)まで行って欲しいものです。

能島が見える海岸通りでは、海の潮の流れを間近で見ることができます。海全体が流れている様子を見ることのできる体験は、なかなか経験することができないものです。

海全体が流れている様子を見られる地点④


サンライズ糸山を出発して、来島海峡大橋を渡って、村上水軍博物館まで往復すると大体30kmですから、初心者のサイクリングの一日の距離とすれば、ちょうどよいと思います。

大島サイクリングコース

よしうみいきいき館

実は私は、この「よしうみいきいき館」については、じっくりと立ち寄ったことがないのです。というのも、今治側から9:00頃出発すると、この「よしうみいきいき館」を通過するのは10:00頃になってしまいます。

また帰りに通過するのは夕方になってしまいます。なのでせいぜいトイレを借りるくらいでしか立ち寄っていないのです。

なので、詳しくこのよしうみいきいき館については紹介できないので、「よしうみいきいき館」については、いろいろなところで紹介されていますので、そちらから引用して紹介しておきます。

よしうみいきいき館

よしうみいきいき館の公式サイトより
豪快さが自慢のお食事処と特産品市場。来島海峡大橋を眺望しながら、新鮮な魚介類が味わえる海鮮料理や七輪バーベキューが楽しめます。また、町内で採れた野菜や鮮魚、特産品など、おみやげもお買い求め頂けます。土・日・祝日には、じゃこ天の実演販売も実施しています。
http://www.imabari-shimanami.jp/ikiiki/ 食べログより
来島の真鯛の白扇揚げは、身がホクホクとしており、ボリュームも十分。大変美味しくいただけました。また、変更していただいた鯛の刺身も身が引き締まった美味しい一品でした。海鮮全般を楽しむのであれば、バーベキューが良いかもしれませんが、鯛料理を味わうならレストランがおすすめです。
http://tabelog.com/ehime/A3802/A380201/38000703/dtlrvwlst/


「よしうみいきいき館」からは、ゆるやかな上り坂が続きます。

「よしうみいきいき館」を出て、大島の北側へ向けて走り出しますと、まずはゆるやかな上り坂待っています。

この上り坂ですが、大体10分くらいは上り坂をこぎ続けることになります。

ゆるい上り坂
大体10分くらいは上り坂が続きます。

初心者にはちょっときついかもしれません。

この上り坂を登り切ると、しばらく平坦地が続きます。ホームセンターやコンビニもあるので、ちょっとした買い物はできます。

コメリまでは平坦地
コンビニやホームセンターがあります。

このあたりを過ぎるとまた昇り坂です。今度の登坂は先ほどよりも長いです。初心者の方ですと、15分くらいはこぎ続ける感じでしょうか。

途中に石のギャラリーという看板があります。大島は大島石という石の産地なので、石切り場や巨大な石が無造作に置いてあったりします。

この石のギャラリーは無料で見学できるので、坂道を上るのに疲れたら、ちょっと小休憩するといいと思います。

石のギャラリー1

石のギャラリー2

石のギャラリー3

石のギャラリー4

このギャラリーを過ぎると、登坂の頂上まではもう少しです。

坂を上り切ったところ

高速道路の交差する箇所が坂の頂上です。ここまでくるとあとは一気に下りです。大島の北側の漁港のある町、「宮窪」まで一気に下ります。あんなに苦労してのぼって来た登坂がウソのように、ものの5分もすると坂を下りきってしまいます。スピードが出るところなので、注意が必要です。

海鮮割烹「雅」は満足度高い

坂を下りきると、何軒か食事をするところが見えてきます。全ての店に行ったわけではありませんが、雅さんの海鮮丼は満足度は高いです。ちょっとお値段も高いですけどね。

食堂みつばちのランチは大島の中でも特におすすめ(写真⑥)

サイクリングの初心者にはちょっときついかもしれませんが、大島の中でも特におすすめのランチが食べられるのが「食堂みつばち」です。

「食堂」というと、「なに、食堂~」とあまり良い印象を持たれないかもしれませんが、なかなかどうして、この「食堂みつばち」、わたしが訪問したときは、8割が女性の方でした。そのくらい女子に人気のランチが食べられるということです。

画像の説明
青いテラスが可愛い「食堂みつばち」

画像の説明 画像の説明 画像の説明

初心者におすすめのしまなみの本

画像の説明

初心者におすすめのしまなみの本といえば、間違いなく「しまなみ島走book」です。なんといってもこの本は、しまなみでサイクリングガイドをしている「宇都宮一成さん」という方が、しまなみの面白いところや注意するところを、すべて紹介している本です。この本が一冊あれば、他の本は一切要らないというすぐれものです。宇都宮一成さんは新婚旅行を二人乗り自転車で世界一周してきたというすごい人なんです。そんな宇都宮さんが書いた本だから間違いないのです。

本の内容はこちらで詳しく紹介しています。⇒初心者におすすめのしまなみの本

亀老山・大島に関連する記事

今治から大島への所要時間出発は糸山サイクルオアシスから糸山公園から来島海峡大橋を見る村上海賊の痕跡を感じられる場所女子に口コミで人気の「食堂みつばち」が評判どおり素敵だった件大島で美味しい海鮮丼なら「雅」がおすすめ亀老山は初心者にはきついけど是非頑張って欲しい亀老山からの夕陽の写真

【しまなみ海道初心者のためのモデルコース】

尾道発しまなみ海道初心者おすすめコース

auto-Kd3MsT.jpg

尾道から、しまなみ海道の最初の島「向島(むかいじま)」へは、橋で渡るよりもフェリーで渡りましょう。フェリー代金は70円~110円、乗っている時間も5分ほどです。尾道と向島を結ぶ橋は、車がすぐ脇を通るので危険なので・・・

今治発しまなみ海道初心者おすすめコース

今治発

今治側からのしまなみ海道への旅は、しまなみ最長の橋「来島海峡大橋」からスタートになります。この「来島海峡大橋」と生口島と大三島の間に掛かる「多々羅大橋」が、しまなみ海道の橋の中で、私は断然トップ1、2の美しさです。折角ならば・・・

大三島発しまなみ海道初心者おすすめコース

Rdbc9a679569a407fda1f6ecce8fbccfb_m.jpg

大三島は、しまなみ海道のほぼ真ん中にあたります。大三島と隣の生口島を結ぶ「多々羅大橋」。その姿は美しく、しまなみ海道の中でも、橋からの眺めは、来島海峡大橋と並んでトップ1,2です。大三島は見どころの多い島ですが、最近のイチオシは・・・