気になる場所名やお店の名前を入力してください。関係する記事が表示されます。

しまなみ海道の中で一番おすすめのサイクリングコースはどこ?大三島の南・西側外周コースが最高だと思う。

しまなみ海道の中でもっとも気持ちよく走れるコースはどこ?と聞かれたら、私は大三島の南・西側外周コースをおすすめしたいです。このページでは2ka-tsukaが大のお気に入りの二大三島の南・西側外周コースについて紹介します。

 

このブログは、一度しまなみ海道を走ってから、しまなみ海道の魅力にはまってしまい、既に40回以上もしまなみ海道を走っているサイト管理人2ka-tsuka(つか・つか)が、「しまなみ海道の魅力をもっと知って欲しい」「折角行くのであれば、『しまなみ海道よかた~』と思って帰って欲しい」と思って、情報を紹介しているブログです。

 

今回は、しまなみ海道の中でも2ka-tsukaが大好きな、大三島の南・西側外周コースについて、紹介したいと思います。
ミカン畑と空と島の多島美。しまなみならではの風景が続きます。

快適なサイクリングコース大三島の南・西側外周コース

しまなみ海道には、おすすめのサイクリングのコースがいくつもあります。っていうか、どこを走っても綺麗な海と空。

 

あるいは、橋の上から眺める海の渦や、絶景の展望台から眺める瀬戸の多島美。

 

どこへ行っても素晴らしい絶景が待っているのだけど、そんな中でもサイト管理人2ka-tsukaがおすすする、走っていてとっても気持ちがいいサイクリングコースが、しまなみ海道の真ん中にある島「大三島」の、南・西側の外周コースなんです。

 

しまなみ海道の中で大三島ってどこ?

しまなみ海道をまだ走ったことのない方に、まずは「大三島」がしまなみ海道の中のどこにあるのかご紹介。

 

大三島は、しまなみ海道の中のほぼ真ん中にあります。(地図中オレンジの塗りつぶし。)

 

尾道からは40km、今治からは35kmほどの場所です。

 

 

この大三島の南・西側を走る外周道路が、とっても綺麗な舗装とすばらしい多島美、快適に走れるので、2ka-tsukaがお気に入りのサイクリングコースです。(地図中青色↓↓↓)

 

しまなみ海道随一のパワー大山祗神社があるのが大三島

大三島には、しまなみ海道随一のパワースポットである、大山祗神社があります。

 

この大山祗神社へは、しまなみ海道のメインルートから少し外れて、大三島の反対側までいかなければなりません。

 

この大山祗神社へ行くためのルートとして、今回紹介するのが、大三島の西側のルートなんです。

 

大山祗神社周辺のおすすめスポットは過去記事をご覧くださいね↓↓↓

大山祗神社周辺のおすすめスポット。ここだけは行って欲しいスポット。

大三島の西側コースのおすすめポイント

大三島の西側外周道路はとってもきれいな海岸線が続くコース

大三島の西側外周道路には、殆ど民家がありません。

 

あるのは、青い海と青い空、そして瀬戸内特有の多島美。

 

このルートが走っている海岸は、うねうね道が多く、曲がり角を過ぎるたびに、それまでと全然違った風景が広がったりします。

 

とっても気持ちのいい海岸線ルートが、この大三島の西側外周道路なんです。

 

 

殆ど車が通らない。なのに綺麗に舗装されている大三島の西側外周コース

この大三島の西側道路は、殆どがミカン畑。

 

走る車の多くはミカン農家のかたと思われる、軽四輪のトラックが殆ど。

 

その他には、走る車はほとんどありません。

 

それなのに、とっても綺麗に舗装された道路。しかも信号もない。

 

CMなどでも利用されるこのルート。

 

このルートを走ったら、他の道ではサイクリングができないのではっていうくらい、快適に走れるのが、大三島の西側の外周コースなんです。

 

 

アップダウンが激しいけどゆっくり走れば大丈夫

 

実は、2ka-tsukaは今までこのルートは苦手でした。

 

なんといってもアップダウンが多いです。

 

2ka-tsukaは貧脚なので、アップダウンの多いヒルクライムコースは苦手なんです。

 

だけど、今回走ってきたのは8月18日。真夏の炎天下。

 

「炎天下だから熱中症になるといけないから、ゆっくりと走ろう。あちらこちらで停まって写真をバシバシとりながら、ポタリングしよう」って決めて走り始めたのです。

 

それまでは、「後ろからくる自転車には抜かれまい。前の自転車は抜いてやろう」と、全く意味のない「貧脚のくせに負けず嫌い」の性格を前面に出して走っていたわけです。

 

なので、坂の途中では心臓がバクバクと呼吸はゼーゼーと、とっても苦しい走り方をしていたので、実はこのルートは苦手だったんです。

 

だけど、今回はゆっくりとポタリング。

 

そうしたら、それほどきつくは感じなく、とっても快適に走ることができたのです。

 

それまでは、あまり周りを見る余裕もなかったのが、今回ぽたぽたポタリングすることによって、とっても綺麗なコースであることに、気づいたってことなんですね。

 

 

峠を越えれるたびに絶景が広がる

 

 

この西側外周コースには、大きな峠が3つ。あと小さな峠がいくつか。

 

大きな峠がありますが、上で紹介したように、ゆっくりと走れば大丈夫です。

 

それよりも、その坂を登りきった時の絶景と、坂を走り降りるときの爽快感は、とても2ka-tsukaの文才では、伝えきれません。

 

ぜひ、しまなみ海道のサイクリングを計画している人は、このルートは取り入れて欲しいと思うんですよ。

 

賞をとった「6人のシクロツーリスト」の一人「mr.omishima」は、伊東豊雄ミュージアムに居ます。

島の多島美とミカン畑と青い空は他では味わえない

 

大三島はみかんの島でもあります。

 

このルートの周辺は、ほぼミカン。

 

5月には、ミカンの花のなんともいえない素敵な香りがコース全体をつつみ、収穫が近くなると、ミカンを鳥や害虫から守るために、カラフルな紙袋がかぶされたりします。

 

こんな光景も、なかなかほかでは見られない風景だと思います。

 

ショッキングピンクの袋を被せている農家も。

コース内の絶景ポイントにある美術館とミュージアム

モダンアートを展示している「ところミュージアム大三島」。正直2ka-tsukaには、あまりよくわかりません。

 

このコースの美しさに引かれて、コース内には3か所のミュージアムがあります。

 

「ところミュージアム大三島」「伊東豊雄ミュージアム」「岩田健母と子のミュージアム」。

 

それぞれ規模があまり大きくないので、「素敵な芸術作品を体験したい」と思うと、少し拍子抜けするかもしてませんが、これらのミュージアムが設置されているのは、絶景ポイント。

 

特に、「ところミュージアム大三島」のテラスから見る海の美しさは、一見の価値がありますし、伊東豊雄ミュージアムでは、大三島で活動されている建築家「伊東豊雄」さんが、島の人たちと活動する様子を、とても興味深く見ることができます。

 

訪ねてみる価値は、十分にあると思いますよ。

 

建築家伊東豊雄さんの展示は、なかなか面白いです。眺めも最高。

大三島西側コースを走るときの注意ポイント

ゆっくりと走れは坂もそれほど気にならないこのコースですが、注意するポイントもあります。

 

いくつかそのポイントも紹介しておこうと思います。

 

水分補給場所とトイレがない

このルート、距離にして約22km。ポタポタ走るのであれば、時間にして2時間くらいはみておいたほうがいいと思います。

 

この間で休憩できる場所は、ほぼありません。

 

コースの中間地点あたりに歩歩海(ぶぶか)さんというカフェと、「大三島自然の家」がサイクルオアシスになっているので、このあたりを上手に利用しましょう。

 

眺めが良い場所で女性客も多い「歩歩海(ぶぶか)」さん。

下り坂のスピードの出し過ぎに注意

このルートの上り坂は、ず~っと上って、ずーっと下るという感じです。

 

当然スピードも出ます。時速50kmくらいは出ます。

 

舗装もきれいで道幅も広く、とっても気持ちがいいのですが、普段自転車にあまり乗っていない人は気を付けましょうね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

このページの関連記事

 

【生樹の御門】地元住民にもあまり知られていない、しまなみ海道随一のパワースポット

大三島のランチにおすすめ「きつねのぼたん」さん。きつののぼたん のなめろう丼定食が絶品!と評判

大三島の大漁の待ち時間は?予約できるの?予約のときの注意点など

最新情報をチェックしよう!
>しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道の初心者におすすめの本といえば、間違いなく「しまなみ島走book」です。なんといってもこの本は、しまなみでサイクリングガイドをしている「宇都宮一成さん」という方が、しまなみの面白いところや注意するところを、すべて紹介している本です。この本が一冊あれば、他の本は一切要らないというすぐれものです。宇都宮一成さんは新婚旅行を二人乗り自転車で世界一周してきたというすごい人なんです。そんな宇都宮さんが書いた本だから間違いないのです。

CTR IMG