気になる場所名やお店の名前を入力してください。関係する記事が表示されます。

大三島の大漁の待ち時間は?予約できるの?予約のときの注意点など

しまなみ海道の中で、もっとも有名なお食事処のひとつが、大三島の「大漁」さんではないでしょうか。大漁さんを有名にしたのは、「450円で海鮮丼が食べられる」ということだったと思います。(最近では数量限定で、480円になっています。)この「大漁」さん、いつも大行列なのですが、予約名簿に書くことで予約することができます。このページでは「大漁」さんの待ち時間や、予約の注意点などについて、紹介したいと思います。

 

大漁の待ち時間

 

 

それでは早速ですが、「大漁」さんの待ち時間について紹介します。

大漁さんの待ち時間は、ずばり「30人30分」が目安です。

私の体験と併せて紹介しますね。

 

大漁さんの開店は午前11時半。開店とともに30人が入店。 Edit

大漁 待ち時間

とある祭日、私は「今日こそは大漁の『しまなみ丼』を食べよう」と思って、朝7時半過ぎに今治を出発しました。


あ、「しまなみ丼」は大漁さんの480円で食べられる海鮮丼のことです。

画像の説明
朝7時半過ぎに出発しました。

今治から大三島の大漁さんまで、約40km。


平均時速20kmで行けば約2時間。


大漁さんの「予約名簿」が出される9時30分には、なんとか間に合うと計画しての出発でした。

大漁予約方法
大漁さんは予約名簿が朝9時半に置かれます。

 

ところがその日は久しぶりのサイクリング。


とっても天気が良くて、あちらこちらに立ち寄って、写真を撮影しながら走っていくと、大漁さんに到着したのは、なんと1時間も遅れて10時30分。


この時点で、予約名簿は30組弱が、すでに記入されていたのでした。

画像の説明

画像の説明
すでに30組弱の方がご予約済み

 

とにかく名前を書いて、一時間ほどブラブラしてこようと、大山祗神社様から「生樹の御門」を見学して、11時半前に戻ってきました。


ちょうど11時半になり、女将が出てきて次々と名前を呼び上げ入店。


最初の呼び出しで入店したのが13組。30人ほどのお客様が入店されました。


こうして待つこと約30分。


初めに入ったお客さまのうち数組が、「おいしかったねぇ」と言いながらお店から出ていらっしゃったのでした。


その後も次々とお客様は出てこられて、外で待っていた人も、順番で中に入っていきました。

 

並んでいたお客様も順番に入店

 

従って大体30人30分くらいの待ち時間が目安になると思います。

 

「大漁」の格安丼「しまなみ丼」は数量限定に

「大漁」さんを有名にしたのは、「450円の海鮮丼」だと思います。


この「450円海鮮丼」ですが、当初は数量の限定はありませんでした。


並んでさえいれば、例え待ち時間が長いとしても、必ず「450円海鮮丼」は食べることができたわけです。


ところがある時期から、この「450円海鮮丼」は無くなってしまいました。


今では「大漁」さんの格安海鮮丼は、「しまなみ丼」と名前を変えて、値段は480円へと値上げし、しかも数量限定となっています。

 

画像の説明
480円となった「しまなみ丼」は数量限定に。

 

しまなみ丼の限定は何食

このしまなみ丼ですが、「限定何食なの?」と聞かれることがありますが、実は限定数は決まっていません。

 

しまなみ丼が何食食べられるかは、その日の仕入れの状況によって決まるそうです。

 

ちなみにこの日は、最初の13組30人ほどのお客様が入店した時点で、早々に「売り切れ」と張り出されました。


丁度出てきた女将に、聞いてみました。

 

2ka-tsuka
「しまなみ丼」はもう売り切れなん?限定って何食なのよ?
女将
今日は16食だったかねぇ~

 

2ka-tsuka
おばちゃん、おばちゃん、「今日は」ってなによ?毎日違うんかい?
女将
ほ~よ、魚じゃけんね。仕入れによって違うわい。だいたい20食くらいかねぇ

 

そう言って、忙しく中へ戻って行かれました。


大漁さんで「しまなみ丼」は、だいたい20食前後の限定だと思っておいたほうが、よさそうですよ。

 

 

480円海鮮丼「しまなみ丼」を食べたければ、朝9時半に予約表に記入が必須

上でも紹介しましたが、この日は10時半過ぎに訪問したため、すでに30組弱のお客様が居らっしゃり、早々に「売り切れ」の札が出されました。


「しまなみ丼」が目的でしたので、この日はあきらめて、大漁さんからすぐ近くの、私のお気に入りのお店「きつののぼたん」さんへ。

ということで、後日「しまなみ丼」にリベンジ。この日はしっかりと、朝9時半を目指して大漁さんへ。


若干遅れて9時35分ころ、大漁さんへ到着。この日訪問したのは、有休を消化するために休みをとった平日。


「まさか平日のこの時間に、予約はないだろう」


って思って大漁さんへ朝の9時半にやってきたのですが、それでもすでに予約表には、すでに6組の予約の名前が並んでいました。

画像の説明
朝9時35分にも関わらずすでに6組14名のお名前が。

 

画像の説明

大漁おそるべしと思いながらも、7番目に名前を書いて二時間ほど時間をつぶすことに。

 

平日でさえ、大漁さんの予約はこの状況です。つまり

 


「大漁」で「480円海鮮丼『しまなみ丼』」を食べたければ、朝9時半に予約に名前の記入が必須


ということになるのです。



大漁さんは電話予約できないの?

朝9時半に予約表に記載なんてできないよ。電話予約できないの?という問い合わせを頂いたりもするのですが、大漁さんは電話予約できません。

 

画像の説明

こんな大勢のお客さんが毎日くる中で、電話予約のコントロールなんて、できないというのが本音でしょうし、最近では予約だけして実際には来ないというお客さんも多いそうですので、小さなお店ですので、リスクを避けたいというのが本音かもしれませんね。

 

大漁さんの「しまなみ丼」安いだけではなかった!!

先に14人のお客さんがいて、この日わたしは15番目。


先回訪問した際は、「しまなみ丼」は16食でしたので、


「食べられるかどうか微妙だなぁ~」


と思っていたので、入店するなりすぐに「しまなみ丼頂戴」と注文しました。


この日は仕入れが多かったのか、「しまなみ丼」を注文する人が少なかったのか、私がお店を出るときにも、まだ「売り切れ」の札は掛かっていませんでした。

画像の説明

さて、ようやくありつけたしまなみ丼の中身です。

 

画像の説明

画像の説明

しまなみ丼の中身は、その日の仕入れによって変わるそうですが、この日の載っていたお刺身は

  • タイ:2枚
  • 赤身:2枚
  • サーモン:2枚
  • アナゴの煮つけ:半切れ
  • イカそうめん

 

これらが、少しこぶりの丼に盛られた酢飯に乗せられて登場です。

 

このお刺身が、意外に美味しかったのですよ。

 

特にタイのお刺身は、プリプリで弾力があり、厚みもあり噛み応えもある甘みのあるタイのお刺身で、いい意味で期待を裏切られた感じです。

 

画像の説明
厚みのあるタイはとてもおいしかったです。

 

正直言うと、格安の「しまなみ丼」は「安かろうまずかろう」ではないかと思っていたのです。


ところが、案に相違してこれがしっかりとしたお刺身で、ホントに美味しかったです。


これであれば「次は全部乗せ丼」を頼んでみてもいいかも


と思うくらい、しまなみ丼は美味しく頂けたので

 

 

大漁で人気のメニュー

大漁さんの代表的なメニューは以下の写真のようなメニューです。


画像の説明

画像の説明

  • しまなみ丼:480円
  • 海鮮丼:780円
  • アナゴ丼:880円
  • ネギトロ丼:780円
  • ウニ丼:1080円
  • スペシャル丼:1180円
  • 全部乗せ丼:1480円
  • とびっ子丼:580円

 

その他にも店内で小皿を選ぶことができます。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

 

どれもおいしそうです。

ところで、どの丼が一番人気なのか、密かに見ていると、格安の「しまなみ丼」を頼む人はそれほど多くなく、

スペシャル丼1180円か全部乗せ丼1480円を頼んでいる人が多かったようですよ。


大漁
住所 愛媛県今治市大三島町宮浦5507?1
営業時間 11:30~15:00
定休日 日曜日
お問い合わせ 0897-82-1725
電話予約 不可

 

最新情報をチェックしよう!
>しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道の初心者におすすめの本といえば、間違いなく「しまなみ島走book」です。なんといってもこの本は、しまなみでサイクリングガイドをしている「宇都宮一成さん」という方が、しまなみの面白いところや注意するところを、すべて紹介している本です。この本が一冊あれば、他の本は一切要らないというすぐれものです。宇都宮一成さんは新婚旅行を二人乗り自転車で世界一周してきたというすごい人なんです。そんな宇都宮さんが書いた本だから間違いないのです。

CTR IMG