気になる場所名やお店の名前を入力してください。関係する記事が表示されます。

瀬戸田の「ミナミたこ焼」の「タコ天」が、評判通りでとってもおすすめ

瀬戸田で、「外カリ、中フワのタコ焼がとっても最高」と評判の「ミナミたこ焼 」。このミナミたこ焼 では、地物の「タコ天」が、「大きくて噛み切れないくらいの弾力」で「とっても『タコ食った』って感じで大満足」ということでも評判。以前ミナミたこ焼 さんの「たこ焼き」は食べて、美味しかったんだけど、「タコ天」は食べてなかったので、評判どおりなのかご報告します。

「ミナミたこ焼」 って?

 

ミナミたこ焼 は、しまなみ海道の中の島、生口島という島の中のにぎやかな場所、瀬戸田にある「タコ焼き」やさんです。

 

「タコ焼き」って簡単にいうけど、そのあたりの街のタコ焼やさんとは、全然違う「タコ」焼き屋さん。

 

なんといっても、地場の鮮度抜群のタコを仕入れて、「タコ焼き」や「タコ天」などを作って提供してくれるんだから、絶対に美味しいの間違いない。

 

ミナミたこ焼 のタコ天がボリューム満点。噛み応えしっかりで大満足

 

このミナミたこ焼 のタコ天。

 

大振りにきったタコ天が山盛りに盛られて、ボリューム満点。

 

新鮮なタコは、ものすごい噛み応えで、簡単には噛み切れないほどの、しっかりした弾力。

 

「ガシガシ」って噛んでいくと、口の中いっぱいに広がるタコの旨味。

 

ビールがあれば、絶対に最高なんだけど、サイクリングの途中なので、ノンアルコールビールで頂きました。(最近のノンアルコールビールっておいしいねぇ。2ka-tsukaびっくり。)

 

 

店内はエアコンがガンガンに効いていて、暑い中のサイクリングの休憩をとるには最高。

 

テレビもついていて、水も飲み放題。

 

お店の人も全然入ってこないから、ず~っぼーっとしていても大丈夫なのは、とってもありがたい。



この日のサイクリングでは、はじめからタコ天とタコ飯のコラボをしたいと考えていた。

 

「ミナミたこ焼 」で「タコ天」を食べよう。あわせて「瀬戸田最高のコスパランチ『島食堂さよ』のタコ飯」もコラボさせよう。

 

と、決めていた。

 

 

なんといっても、この「しま食堂『さよ』」。ランチも安くてお値打ちなんだけど、もっとお値打ちなのは、季節ごとに内容が変わる「焚きごみご飯」

 

「きっとこの時期なら『タコ飯』があるはず。タコ飯とタコ天なんて、最高の夏のランチじゃん」

 

と思い、瀬戸田まで来たわけです。

 

予想は的中。コスパ最高の中の最高、さよさんのごはん。この日は「タコ飯」と「鯛めし」がエントリー。

 

 

「やったぜ」と思いながら店内に入って、おばちゃんに「タコ飯ちょうだい」と声をかけると。

 

「悪いねぇ、午前中で売り切れちゃったよ。タコ飯は人気があるけんね。」とのこと。

 

 

残っていたのは「鯛めし」が5個ほど。

 

「まあ、鯛めしでもいいか」と思い、鯛めし300円を購入。

 

さすが、島の住民に大人気のこのお店。

 

食べログやぐるなびにはあまり紹介されないけど、瀬戸田に行ったら行ってみるといいよ。

 

絶対に美味しいから。

 

瀬戸田でファミリーサイクリングにおすすめコスパ最高ランチ【島食堂 「さよ」】

ということで、今回は「鯛めし」と「タコ天」のコラボが実現。

 

おばちゃんのおおらかさがうれしい「ミナミたこ焼 」

しま食堂「さよ」さんの、鯛めしを購入して「ミナミたこ焼 」さんへ。

 

タコ天をオーダーすると、おばちゃんが「中で食べる?どこかほかで食べる?」と聞いてきてくれた。

 

 

来る途中で、「タコ天と鯛めし、どこでたべようか」と、瀬戸田の街をグルグル回りながらきたんだけど、今一つピンとくるところがない。

 

 

 

瀬戸田は、古い町並みがあって好きなんだけど、その辺に座り込んで、弁当食べるわけにはいかないものね。

 

これが、大島あたりだったら、ちょっと走ればどこでも海岸線だから、きれいな浜辺や堤防で食べられるんだけど、瀬戸田はにぎやかな街で、港もしっかりとしていて、自然の海岸とかが見当たらなかったんだ。

 

大島だったら、ちょっと走れば絶景があるんだけどね。

 

そこで、おばちゃんに思い切って聞いてみた。

 

「『さよ』さんで、鯛めし買って来たんだけど、中で一緒に食べていい」

 

そしたらおばちゃん、

 

「いいよ、いいよ。もちろんどうぞ。クーラーがきいとるけん、休んでいき」

 

と、とっても嬉しいお言葉。

 

ということで、ミナミたこ焼 さんの店内で、ノンアルコールビールを飲みながら、タコ天を待つことになったのです。

 

 



 

とっても庶民的な、ミナミたこ焼 の店内

ミナミたこ焼 さんの店内は、昔懐かしの大衆食堂ってイメージ。

 

飾りっけなんてまるでない。

 

可愛いお店や、おしゃれなお店を探しているのであれば、ほかのお店へ行った方がいい。

 

 

わざわざ「しまなみ」っていう場所まで来たんだか、大都会のようなお洒落なお店ではなくて、こんな「ザ、しまなみ」って感じのところへ行った方がいいんじゃないかいって、サイト管理人2ka-tsuka(つか・つか)は思うんだよ。

 

タコ天の美味しさは、抜群なんだからさ。瀬戸田へ行くときは、是非候補のひとつに入れるといいと思うよ。

 

「ミナミたこ焼」のタコ天はとってもボリューム満点。

 

ミナミたこ焼 店さんのこのタコ天ですが、とってもボリューム満点。

 

っていうか、噛み応えがすごいから、途中で顎が疲れるくらいの噛み応え。

 

正直いって、女子サイクリスト一人では、ちょっと途中で疲れちゃうかもね。

 

かなり大食いな2ka-tsukaが、途中で「あご疲れた~」って思ったほどだから。

 

二人くらいでシェアしたら、ちょうどいいくらいのボリュームかもね。

 

できれば、お一人様用の提供メニューも作ってくれるといいなって、ちょっと思ったよ。

 

とはいえ、今回の「さよ」さんの「鯛めし」と、「ミナミたこ焼」店さんの「タコ天」のコラボ。

 

2ka-tsukaとしては、かなり満足度が高いランチにできました。

 

「さよ」さんの鯛めしも、出汁が聞いているのと、ゴボウとかの味と鯛の味が絶妙においしかったよ。

 

あ、最後に注意点。

 

タコ天はその都度あげてくれるんだけど、「タコ焼き」は、作り置きを出されるのが通常らしいから、「ちょっと待ってもいいから、焼きたてを頂戴」っていったほうがいいみたい。

 

作り置きの「タコ焼き」と、焼きたての「タコ焼き」では、「いくらタコがおいしい」っていっても、やっぱり焼きたての「タコ焼き」のほうが、全然おいしいからね。

 

「ミナミたこ焼 」さんと「しま食堂『さよ』」さんの情報

 

お店の名前 ミナミたこ焼
住所 広島県尾道市瀬戸田町沢209-1
営業時間 10:00~17:00
定休日 木曜日
お問い合わせ 0845-27-2576

 

お店の名前 しま食堂「さよ」
住所 広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田553-1
営業時間 10:30~16:30
定休日 月曜日
お問い合わせ 0845-23-7667

 

 

最新情報をチェックしよう!
>しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道の初心者におすすめの本といえば、間違いなく「しまなみ島走book」です。なんといってもこの本は、しまなみでサイクリングガイドをしている「宇都宮一成さん」という方が、しまなみの面白いところや注意するところを、すべて紹介している本です。この本が一冊あれば、他の本は一切要らないというすぐれものです。宇都宮一成さんは新婚旅行を二人乗り自転車で世界一周してきたというすごい人なんです。そんな宇都宮さんが書いた本だから間違いないのです。

CTR IMG