気になる場所名やお店の名前を入力してください。関係する記事が表示されます。

【生樹の御門】地元住民にもあまり知られていない、しまなみ海道随一のパワースポット

 

生樹の御門(いききのごもん)とは

 

生樹の御門は「いききのごもん」とよみます。樹齢3000年と言われるクスノキです。

画像の説明
生樹の御門の全景

 

生樹の御門があるのは、しまなみ海道のパワースポットとして知られている、大山祗神社から、歩いて7~8分の場所。


大山祗神社の境内には、大山祇神社の御神木である「乎知命御手植の楠」というクスノキをはじめ、巨大なクスノキが数多くあり、「クスノキ群落」を形成しています。

 

画像の説明
大山祗神社の御神木「乎知命御手植の楠」

 

ですが、この生樹の御門は、この大山祗神社のクスノキの群落とははずれたとことに、一本だけ生えていて、周囲は畑や果樹園になっています。

この生樹の御門の幹には、シダやランなどが着生していて、1本の木だけなのに、まるで森であるかのような感覚を感じます。

画像の説明
1本の木ですが、 森のように見えます。

大きさ的には、大山祗神社の境内にある「乎知命御手植の楠」と同程度ということですが、四方に太い枝を伸ばした「生樹の御門」は、今にも動き出しそうなパワーを感じます。

画像の説明

 

奥の院への生きた樹木の門だから「生樹の御門」

 

生樹の御門」は、木の根元が大きく洞になっていて、通行することができます。


石段が設置されていて、幅約2m、高さ2mくらいで、身長175cm 体重80キロの私でも、問題なく通ることができました。

画像の説明
大人でも楽に通ることができます

 

石段の脇には、まるで手すりのような根があります。


おそらく長年のあいだに、様々な人が手すりがわりにつたって、奥の院へお参りに行ったのでしょう。

表面がすべすべになった根は、まるで彫刻として、磨き上げられたかのようで、とても自然のものとは思えません。

画像の説明
まるで人工物であるようなすべすべの根っこ

 

この「生樹の御門」をくぐった先が「奥の院」となっていて、小さな阿弥陀堂と仏足石があります。

 

画像の説明

 

生樹の御門へ案内した方々の評判

 

この生樹の御門、殆どあまり知られていません。

私の両親はずっと愛媛県の松山市内に住んでいますが、この「生樹の御門」の話をし、写真を見せても

「そんなクスノキなんて知らん」

と一言でした。

 

ずっと愛媛県に70年以上住んでいる両親が知らないんですから、きっとしまなみ海道へ来る人の殆どは、知らないで通り過ぎてしまうのだろうと思います。

なので、わたしは大山祗神社の中で、写真スポットを求めてウロウロしている風な方を見かけると、声を掛けさせて頂いて、この生樹の御門へ案内させて頂いています。

 

画像の説明
時々案内させて頂いていいます。

そのようにしてご案内した方の、この「生樹の御門」をご覧になった方の感想を紹介しておこうと思います。

生樹の御門(いききのごもん)へご案内した方々の口コミ

広島県から来ていた女性二人組さん
本当にすごいですね。こんなところがあるの知りませんでした。もっと宣伝すればいいのに

福岡から来ていた若いカップルさん

へ~、こんなところがあるっちゃんね。すごかねぇ。案内してくれたありがとうございます。知らんでとおり過ぎてたら、あとで後悔するかもしれんかったぁ。

愛媛県内から来ていた女性二人組さん
へ~、愛媛に住んでいるけど、こんなの知らんかったわね。すごいねぇ。なんどもっと宣伝せんのやろ。案内してありがとう。SNSで発信しとくね。

 

案内した方々、皆さん大変喜んでくださいました。

喜んでいただけると、しまなみ大好きのサイト管理人2ka-tsukaとしては、とってもうれしいのです。

 

生樹の御門へのアクセス

生樹の御門へのアクセスは、大山祗神社の境内に、あまり目立たない形で案内板があります。


北門から出るとわかりやすいと思います。地図を調べていっても、路地がいろいろと入り組んでいるので、わからないと思います。

神社の巫女さんなどに聞くと教えてくれますが、なんか大山祗神社の巫女さんって、愛想ないんですよね。私がきいた人が、たまたまかなぁ?

画像の説明
北門に案内があります。

画像の説明
よくみないとわかりません。

画像の説明
曲がり角では案内があります。

画像の説明
狭い通路を歩いていきます。

画像の説明
こんなところにも案内板。

画像の説明
最後の曲がり角です。

画像の説明
大山祗神社の北門から
約7~8分くらいで到着です。

 

【生樹の御門】地元住民にもあまり知られていない、しまなみ海道随一のパワースポットまとめ

生樹の御門のについて紹介しました。

大山祗神社は不思議な神社です。敢えて、あまり多くのことを発信しないと見受けられるところがあります。

なんといっても、大山祗神社には公式のHPさえないんです。

折角しまなみ海道へ来たなら、サイト管理人2ka-tsukaとしては、いろいろと体験して帰って欲しいので、大山祗神社の思惑などはあまり気にしないで、いろいろと発信しています。

お役に立ちますと幸いです。

最新情報をチェックしよう!
>しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道の初心者におすすめの本といえば、間違いなく「しまなみ島走book」です。なんといってもこの本は、しまなみでサイクリングガイドをしている「宇都宮一成さん」という方が、しまなみの面白いところや注意するところを、すべて紹介している本です。この本が一冊あれば、他の本は一切要らないというすぐれものです。宇都宮一成さんは新婚旅行を二人乗り自転車で世界一周してきたというすごい人なんです。そんな宇都宮さんが書いた本だから間違いないのです。

CTR IMG