気になる場所名やお店の名前を入力してください。関係する記事が表示されます。
  1. レンタサイクル
  2. グルメ
  3. おすすめスポット
  4. ゲストハウス
  5. ファミリー

しまなみ海道にある「サイクルオアシス」ってなに?どう使えばいいの?

しまなみ海道を走っている「サイクルオアシス」という、「のぼり」を見たことがある人は多いと思うんだ。

 

本やネットで調べると「無料で休憩できたり、水やトイレを利用できる」ということになっていますが、実際に利用した人は、それほど多くないのでは。

 

実は、サイト管理人2ka-tsuka(つか・つか)も、存在は知っているし、2ka-tsukaが懇意にさせて頂いている、NPO法人「シクロツーリズムしまなみ」さんが、設置活動をしているのは、よ~く知っているのですが、実際に利用したことはないのです。

 

ということで、昨日は「サイクルオアシスを体験してみよう」と思って、大三島へ行って来ましたので、体験を紹介しようって思うよ。

 

サイクルオアシスの「のぼり」を設置しはじめた経緯

サイクルオアシスを設置しはじめた経緯は、サイクルオアシスのHPによると、以下のとおりです。

 

サイクルオアシスのHPより

世界各地からやってくるサイクリストをお迎えしたい!農家民宿・ガソリンスタンド・小売店・喫茶店などなど、自転車フレンドリーな地元住民が休憩できるスペースを提供しています。空気入の貸出、給水、トイレの利用などができます。

 

サイクルオアシスを設置したNPO法人「シクロツーリズムしまなみ」さんのお話

このサイクルオアシスの設置を開始したのは、今治で自転車を使った、しまなみ海道の初心者向けツアーや、自転車を利用した街おこしを行っている、NPO法人「シクロツーリズムしまなみ」さん。

 

シクロツーリズムしまなみの、第一回お試しツアー「瀬戸内スローサイクリング」の参加者の口コミや評判を紹介。参加者皆さん、「…

 

このNPO法人「シクロツーリズムしまなみ」さんのサイクルオアシス設置のリーダー加藤さんへ、「サイクルオアシスの使い方」について聞いてみた。

 

[talk name=”サイト管理人2ka-tsuka”]加藤さん、私は「しまなみ」行きだして4年ほどになるけど、サイクルオアシスの使い方がよくわからないんですよね。[/talk]

 

[talk name=”加藤さん”]ほ~なん?イメージは、軒先を借りてちょっと休ませてもらうってイメージなんだけど、一番の目的はトイレやね。女性の場合、しまなみ走ってて一番困るのはトイレやろ。男は別にどこでもいいけど。女性は困るよね。[/talk]

 

[talk name=”加藤さん”]あの「のぼり」があるところは、どこでも、「トイレを貸して」っていえば、心地良く貸してくれるんよ。「サイクリング」の恰好をしてれば、オアシスの人は皆さん心得てるから、「どうぞどうぞ」と貸してくれるよ。[/talk]

 

[talk name=”サイト管理人2ka-tsuka”]どんなところが、サイクルオアシスになってるの?[/talk]

 

[talk name=”加藤さん”]どこでもなってもらっているわけではないよ。ちゃんと面談をして、「トイレが清潔か」とか、「提供者は信頼できるか」とか、休憩できる場所はあるかとか、いろいろな項目をチェックしてクリアしたところになってもらっているんよ。[/talk]

 

[talk name=”加藤さん”]そうすると、中々個人のお宅がサイクルオアシスになることはないわね。飲食店とかお店とかになるね。このような商売をしているところであれば、潜在的なお客さんの掘り起こしという意味もあるから、双方にメリットあるんよ。[/talk]

 

というお話を聞けたので、早速昨日の大三島のサイクリングのときに「サイクルオアシス」を初体験することにしたんだよ。

 

「のぼり」が出ていないところがあるじゃん。

昨日は、大三島の外周道路沿いにある「しまなみサイクルオアシス」で、「トイレを借りてみよ。できたらお水ももらいたい」と思って出かけたんだ。

 

大三島の外周道路は、とっても海岸線がきれいなルート。だけど、あまり店も自販機も設置されていないルートでもあります。このようなルートで、サイクルオアシスが利用できれば、サイクリストにとっては、とてもうれしいよね。

 

 

目的地としたのは、「ピットイン」さん「Bubuka 歩歩海」さん、「大三島自然の家」さんなど。

 

ところが、「ピットイン」さんと「Bubuka 歩歩海」さんは、サイクルオアシスをしめす「のぼり」が出ていなかった。

 

 

 

「大三島自然の家」さんには、のぼりは出ていたんだけど、次の目的地への時間の関係でパス。

 

 

結局外周道路では、この日はサイクルオアシスに立ち寄ることができなかったんだ。

 

IKIDANEさんがサイクルオアシスになっているので立ち寄ってみた。

大山祗神社の近くのお気に入りの、「きつのねのぼたん」さんに、「1時頃ランチに行くからね」って伝えてあったので、結局外周道路で、サイクルオアシスへ立ち寄ることはできなかった。

この日も、とっても美味しかった「きつののぼたん」さんのランチ。

 

なので、帰りのどこかでサイクルオアシスへ立ち寄ろうと思ったんだ。

 

リストを見ると「IKIDANE」さんが入っていたので、こちらへ行くことに。

 

IKIDANEさんは、今年オープンしたゲストハウス。イベントなどもバンバン行っていて、注目のゲストハウスです。

 

このIKIDANEさんも、サイクルオアシスになっていると聞いていたので、行ってみたんだ。

 

 

[talk name=”サイト管理人2ka-tsuka”]こんにちは。[/talk]

 

[talk name=”IKIDANEさん”]いらっしゃいませ。チェックインですか?[/talk]

 

[talk name=”サイト管理人2ka-tsuka”]ちょっとトイレを借りたいって思って。[/talk]

 

[talk name=”IKIDANEさん”]どうぞどうぞ。奥の右側です。[/talk]

 

 

と、とっても気持ちよく借りることができました。トイレをお借りして、案内してくれたスタッフの方と、少しお話。

 

[talk name=”サイト管理人2ka-tsuka”]このゲストハウスのパンフレットとかありますか?[/talk]

 

[talk name=”IKIDANEさん”]どうぞ、こちらです。今日はどちらからですか?[/talk]

 

などなどと、IKIDANEさんのゲストハウスの宿泊の料金や、宿泊するときの注意点などについて、いくらかお話をお聞きすることができ、とっても気持ちよく、利用させて頂きました。

 

本当は、「水も頂けますか?」と言いたかったのですが、ちょっとそこまでは、言えなかったです。

 

しまなみ海道にある「サイクルオアシス」ってなに?どう使えばいいの?まとめ

サイクルオアシスがされた設置目的は、「女性でもサイクリングの途中に、気軽にトイレを利用できる場所を設置しよう」というのが、一番の趣旨だそうです。

 

今回体験したIKIDANEさんでは、とっても気軽に気持ちよく利用することができました。

 

「のぼり」が出ていないところもあったので、これについてはNPO法人「シクロツーリズムしまなみ」さんに確認して、また報告したいと思います。

最新情報をチェックしよう!
>しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道の初心者におすすめの本といえば、間違いなく「しまなみ島走book」です。なんといってもこの本は、しまなみでサイクリングガイドをしている「宇都宮一成さん」という方が、しまなみの面白いところや注意するところを、すべて紹介している本です。この本が一冊あれば、他の本は一切要らないというすぐれものです。宇都宮一成さんは新婚旅行を二人乗り自転車で世界一周してきたというすごい人なんです。そんな宇都宮さんが書いた本だから間違いないのです。

CTR IMG