気になる場所名やお店の名前を入力してください。関係する記事が表示されます。

しまなみ海道が「ナショナルサイクルルート」の候補地に選ばれたって。

しまなみ海道が、「ナショナルサイクルルート」の候補地として選定されたんだって。「ナショナルサイクルルート」って何?ということで、調べてみたので紹介したいと思います。国交省のHPに難しく書いてあるんだけど、できるだけわかりやすく解説してみたいと思います。

「ナショナルサイクルルート」とは?

「ナショナルサイクルルート」とは、国内外にアピールできる、サイクリングのモデルルートなのだそうです。以下、「ナショナルサイクルルート」について紹介したいと思います。

「ナショナルサイクルルート」の目標とは

「ナショナルサイクルルート」の目標は

 

「サイクルツーリズムの推進による観光立国の実現」

 

だということです。

 

この「サイクルツーリズムの推進による観光立国の実現」のために、モデルルートを作って、このモデルルートを、国内外にもっとアピールして行こうってことのようです。い。

 

そのためのモデルルートが「ナショナルサイクルルート」ってことなんだね。

 

「ナショナルサイクルルート」は世界に誇れるサイクリングロードが目標

 

このモデルルートである、「ナショナルサイクルルート」は、「官民が連携して世界に誇るサイクリングロードの整備」なんだそうです。

 

「官民が連携して世界に誇るサイクリングロードの整備」をすることで、「 自転車は、二酸化炭素等を発生せず、災害時において機動的」だから「 自動車依存の低減により、健康増進・交通混雑の緩和等、経済的・社会的な効果」を目指して、「 交通体系における自転車による交通の役割の拡大」をさせるとともに、「 交通安全の確保」もしようってことらしいです。

 

簡単に言えば、自転車は温暖化対策にもなるし、災害のときも機動的に動けるし、健康増進にもなるし、観光客誘致にもつながるから、自転車の役割をもっと拡大させようぜ。ってことなんだね。

 

そのためにモデルルートを作ろうぜってことになって、選ばれたのが「しまなみ海道」を含む3か所ということのようです。

 

国交省が目指すのは「官民が連携して世界に誇るサイクリングロードの整備」

しまなみ海道が、この「ナショナルサイクルルート」の候補として、選ばれたってことなんだけど、「ナショナルサイクルルート」の整備の目標は

 

  • 迷わず安全に走行できる環境整備
  • 自転車のメンテナンスサービスの提供等サイクリストの受入環境整備
  • ガイドツアーの質の向上等滞在コンテンツの磨き上げ等による魅力づくり
  • ICTを活用した情報発信を行う

 

ということ。

 

しまなみ海道について見てみれば、上の3つはなんとなくできているけど、一番下のICTを活用した情報発信というのが弱いかもね。

 

このICTが国と連携して、海外へアピールできると、もっとしまなみ海道が、注目を集められるようになって、すばらしいと思うよね。

 

「ナショナルサイクルルート」整備に向けた取り組み

「ナショナルサイクルルート」の整備に向けた取り組みは、段階的に次のような流れで行われるみたい。

 

  1. モデルルートの選定
  2. 協議会の設置
  3. モデルルートにおける取組内容の決定
  4. 取組内容の実施
  5. 取組内容の評価・改善

 

今回は、①モデルルートの選定 という段階にあたると思います。

 

「しまなみ海道」がモデルルートに選定された理由

しまなみ海道がモデルルートに選定された理由というか条件は、

 

  • 複数の市町村に跨がる等、広域的なルートであるか
  • サイクリストを惹きつける魅力や、価値創造の素地があるか
  • サイクリストの支援に向けて、地域の関係者の協力が得られるか

 

という、モデルコース剪定の3項目に合致しているということなんだね。

 

まさしく、しまなみ海道は、全ての項目に合致していると思う。

 

モデルルートとしてしまなみ海道が選定された理由2

こちらの図は、国交省から借りてきた図。(引用元:自転車活用推進法・自転車活用推進計画について

 

 

この図をみると、まさしく「しまなみ海道」をイメージしたようなモデルルートだと思う。

 

基幹となる「メインのルート」があって、基幹ルートには、飛行機や船でアクセスできて、島をめぐる「地域ルート」があってね。

 

モデルルートとなるべくしてなったって感じだね。

 

モデルルートの取り組み内容(サイクリング環境向上)とは

モデルルートとして、これからの取り組み内容の事例として、4つの取り組み内容の例が紹介されている。

 

  • 走行環境整備(安全対策、案内看板等)
  • 受入環境整備(休憩所、サポート体制等)
  • 魅力づくり(滞在コンテンツの充実・強化等)
  • 情報発信(ルートマップ作成、ICTの活用等)

 

これらの中で、走行環境整備については、しまなみ海道はブルーラインがあったり、自転車の走行幅を広くとってくれたりしていて、既に少しづつ環境整備がされつつあるね。

 

自転車の走行ラインは、他の一般道路より広めに作られている。

案内看板なんかも、しまなみ海道の中では、かなり充実していると思う。

 

しまなみの案内看板はわかりやすいと思う。

 

2つ目の「受け入れ体制・サポート体制」についても、ボランティアの「サイクルオアシス」があったり、自転車レスキューや民間の「自転車タクシー」なども、かなり充実していると思う。

 

 

ただ、サイクルオアシスについては、利用者があまり知らないという状況もある。

 

どのように使ったらいいか、わからないという人も多いんじゃないかな。

 

サイクルオアシスについては、以前の記事でちょっと触れたので、「サイクルオアシスって何?」という人は見て欲しい。

 

 

「魅力づくり」と「情報発信」はもう少し力を入れる必要があると思う

しまなみ海道はサイクリングのコースとしては、とっても魅力的なコース。

 

 

どこを切り取っても絵になるし、走っていてもとても快適に走れるし、何よりも気持ちがいい。

 

だけど、立ち寄った先が魅力的かといわれると、そうでない場所も実はある。

 

例えば、大三島の大山祗神社の参道は、本来もっと綺麗に整備すれば、もっと魅力的な街並みになると思うけど、老朽化が著しく、観光客の姿も殆どみることがない。

 

老朽化が著しい大山祗神社の参道に面した家々。

 

瀬戸田の街並みも、通り全体で、景観の再整備は大切だと思う。

 

このあたりの再生に、もっと補助金などで再整備することができれば、しまなみ海道は、もっと「ナショナルサイクルルート」として、世界にアピールルートになると思う。

 

まとめ

「ナショナルサイクルルート」に選ばれた「しまなみ海道」。

 

今後どのような補助金などが出てくるのかわからないけど、しまなみ海道のサイクリングコース自体は、大枠では「ナショナルサイクルルート」に沿ったものに整備できていると思うので、あとは、老朽化した街並みの再生に、有効にお金を使って欲しいなって思うよ。

最新情報をチェックしよう!
>しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道の初心者におすすめの本といえば、間違いなく「しまなみ島走book」です。なんといってもこの本は、しまなみでサイクリングガイドをしている「宇都宮一成さん」という方が、しまなみの面白いところや注意するところを、すべて紹介している本です。この本が一冊あれば、他の本は一切要らないというすぐれものです。宇都宮一成さんは新婚旅行を二人乗り自転車で世界一周してきたというすごい人なんです。そんな宇都宮さんが書いた本だから間違いないのです。

CTR IMG