気になる場所名やお店の名前を入力してください。関係する記事が表示されます。

しまなみ海道の絶景ポイント。しまなみ海道では、メインルートを外れると絶景ポイントに出会える。

しまなみ海道はメインルートにはブルーラインが引かれてあって、はじめてしまなみ海道を走る人も、安心して走ることができます。だけど、実はこのブルーラインをはずれてみると、しまなみ海道ならではの絶景ポイントに出会えたりします。このページでは、「ちょっとブルーラインをはずれて、しまなみ海道の絶景ポイントへ行ってみよう」ということで、紹介したいと思います。

 

しまなみ海道はメインルートをはずれると絶景ポイントに出会える

しまなみ海道ではブルーラインを辿っていくと、はじめてしまなみ海道を走るひとでも、安心してゴールまで走れるようになっているのは、「しまなみ海道を走ってみたいな」って思ってる人は、ご存じだと思います。

 

しまなみ海道のサイクリングへ行き始めたこと、特にサイト管理人2ka-tsuka(つか・つか)が驚いたのは、サイクリストが安全に走ることができるように、交通量の多い箇所では、既設の縁石を移動させて、自転車の通行帯を広げる工事をしていたこと。

 

上の写真を見て頂くと、縁石が少し左に移動されていることがわかると思う。

 

こんなにサイクリストのための工事を行っているところって、日本の中でもそんなにないんではないのかな。

 

で、はじめてのしまなみ海道を走るときは、このブルーラインを辿っていくと、目的場所には到着することができるんだけど、しまなみ海道へ50回以上いったサイト管理人2ka-tsuka(つか・つか)の経験からすると、しまなみ海道の魅力は、このメインルートから少しはずれたところで、さらにアップされると思うのです。

 

メインのルートからはずれたところにある、「大島」の外周道路

 

 

メインルートを外れてもブルーラインや案内板があるから安心して走れる

 

「メインルートをはずれた大丈夫なの?」って、これからしまなみ海道のサイクリングを計画している人は、心配になるかもしれないけれど、しまなみ海道の中には、様々なな場所に、案内板が設置されているから、安心して走りことができる。

 

さらに、しまなみ海道の中には。「サイクルオアシス」という、地元のボランティアが、自転車で走るのに疲れたサイクリストに、「ちょっと休んで行ってね」「お水もよかったら給水していってね」「パンク修理用にの道具もあるよ」という施設がある。

 

ボランティアなんていうと、「本当に使えるの?」って思うかもしてないけど、このサイクルオアシスは、愛媛県や広島県の担当者が立ち入り検査をして、さまざまなチェックポイントをクリアーしたところだけが、ボランティアで運営してくれているところだから、とっても安心して休憩できる場所なんだよ。

 

劇坂を登るためにダンシング(立ちこぎ)を覚えよう。

しまなみ海道では、メインルートを走ることで、一番安全に最短距離を走って、縦断したりできるんだけど、実はこの最短ルートって、2ka-tsuka的には「もっと魅力的なところがあるのに」って思うんだよね。

 

 

ただ、このメインルートを外れると、場所によってはかなりハードなルートを通ることになる。

 

かなりハードっていっても、危険とかってことではないよ。

 

ちょっと体力的にハードってこと。

 

でも、まあ、ちょっとだけね。

 

そんなとき、約に立つのが「ダンシング」って自転車の漕ぎ方。

 

簡単に言えば「立ち漕ぎ」。子供のころ、自転車を思い切りスピードを出すために、「立ち漕ぎ」ってしたことがあるんじゃないかな。

 

この「立ち漕ぎ」なんだけど、実は漕ぎ方によっては、ハードな路を走るときに、とっても力強い味方になってくれるんだよ。

 

しまなみ海道で、メインのルートをはずれて走る場合は、是非覚えておいて欲しい自転車の漕ぎ方なんだよ。

 

 

 

しまなみ海道のおすすめ絶景ポイント

 

因島東側外周道路

 

大三島南側・西側外周ルート

 

カレイ山ヒルクライムルート(大島)

田浦峠(大島)

亀老山(きろうざん)(大島)

 

絶景ポイントへ行くときの注意点

最新情報をチェックしよう!
>しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道の初心者におすすめの本といえば、間違いなく「しまなみ島走book」です。なんといってもこの本は、しまなみでサイクリングガイドをしている「宇都宮一成さん」という方が、しまなみの面白いところや注意するところを、すべて紹介している本です。この本が一冊あれば、他の本は一切要らないというすぐれものです。宇都宮一成さんは新婚旅行を二人乗り自転車で世界一周してきたというすごい人なんです。そんな宇都宮さんが書いた本だから間違いないのです。

CTR IMG