気になる場所名やお店の名前を入力してください。関係する記事が表示されます。

視覚障害の人もレンタサイクルでしまなみ海道サイクリング

視覚障害の人もしまなみでサイクリング

視覚障害の人でもしまなみ海道をサイクリングできる。そんなツアーへ参加してきました。

画像の説明
貸し切りのフェリーに乗って島に渡りました。

もっとも、このツアーは「視覚障害の方だけのためのサイクリングイベント」ではありません。

障害のある方も、健常者も小さなお子様連れもファミリーも、みんな平等に楽しむことができるしまなみサイクリングのイベントです。

このツアーはしまなみ海道で様々なイベントやツアーを企画しているNPO法人「シクロツーリズムしまなみ」が企画したものです。

今回私が参加したのは、「タンデムバイク祭り」という企画です。

このタンデムバイクですが、タンデム自転車を使ってしまなみ海道をサイクリングしようという、シクロツーリズムしまなみの目玉企画だそうです。

画像の説明
一般的なタンデムバイクは二人のり自転車です。

毎年1回開催されていて、このタンデム祭りを目当てに、全国から参加されてくるそうです。

そのくらい魅力的な企画なんですね。

タンデムバイクとは

そもそもタンデムバイクというのは、あまり一般の方にはなじみのない名前かもしれません。

私も、二人乗りできる自転車があるらしいと聞いていましたが、実際に目にするのははじめててした。

簡単に言うと操縦は前にのる人が行って、後ろに乗る人はペダルをこぐだけという自転車です。うしろに乗る人にはハンドルもありますが、ブレーキはありません。ブレーキの操作も前の人が行います。

画像の説明
ギアーチェンジやブレーキ操作は前の人が行います。

ですので、視覚に障害がある方でも、後ろに乗って一緒にペダルを漕ぐことによって、サイクリングを楽しむことができるというわけなんですね。

恐るべしタンデム自転車

このタンデム自転車ですが、二人乗りというばかりか、3人乗りのタンデム自転車もあります。

画像の説明
3人乗りタンデムバイクなんてのもあります。

さらに驚いたことに、この3人乗りの自転車の後ろにさらに1台連結させて、4人で自転車に乗ってサイクリングするなんてことも可能になるんです。

画像の説明
3代目の後ろに4代目を連結させる圧巻のタンデムバイク

画像の説明
4人乗るとこんな感じ。

参加されていたファミリーの方は、小さなお子さん二人をつれて、この4人乗りのタンデムバイクで参加されているかたもいらっしゃいました。

画像の説明
ママのお腹の中にいるときから参加している3歳になった女の子

しかも恐るべしのこのタンデムバイク、小さく分解できて、交通機関に載せて移動することができるのです。(交通機関で移動することを輪行というそうです。)

今回参加されていたファミリーは埼玉から新幹線とJRを使って輪行で今治まで来て、そこからタンデムバイク祭りへ参加されたということです。

タンデム自転車なら視覚障害の人でもサイクリングができる。

前述しましたとおり、タンデムバイクは二人乗りができる自転車です。ですので視覚に障害がある方も、タンデムバイクの後ろに乗ることによって、安全にサイクリングすることができるということです。

画像の説明
障害のある方も安全に楽しめるタンデムバイク

このタンデムバイク祭りは今回で7回目になるということです。

視覚に障害がある男性は、第一回から参加されているということですが、愛知にお住まいということで、障害者の支援団体の人と一緒に、毎回参加されているそうです。

お二人でタンデム自転車にまたがって、出発するときは「行きますよ。3,2,1はいスタート」と声を掛け合って、スムーズにスタートされ、停車するときは、「止まりま~す。3,2,1はい停車~」と問題なく停車され、タンデムサイクリングの乗りかたも習熟されていて、サイクリングを本当に楽しむことができているとのことでした。

タンデム自転車でサイクリングができるしなまみ海道に感謝

このタンデム自転車ですが、県によっては禁止とはしないまでも、積極的に公認をしているわけではないという県もあるそうです。「タンデム自転車といいながらも、二人乗りだろ。二人乗りは道路交通法で禁止」というのがその理由だそうです。

なので、「なかなかこのように公にタンデム自転車を楽しめるサイクリングツアーはないんですよ」と、その視覚障害の方は、少し残念そうにおっしゃっていました。

今回はこの視覚に障害がある方のほかにも、ほかにも障害があるお子さんをお持ちのファミリーの方も参加されていました。

そういった意味でもしまなみ海道というのはすばらしいですね。

おばちゃん
沿道のおばちゃんやおいちゃんが応援してくれます。

いろいろな障害がある方も参加できるタンデムバイクまつり。すばらしいイベントだと思いました。

視覚障害の方も、知的障害の方も、子供連れのファミリーも健常者もみんな一緒に楽しむことができるサイクリングツアー。

まさにユニバーサルデザインですね。

この企画を運営している、シクロツーリズムしまなみさんにエールを送りたいです。

イベント企画運営:シクロツーリズムしまなみ

シクロツーリズムしまなみは、五感をフルに使って地域をまるごと楽しむ新しい旅のスタイル「シクロツーリズム( 自転車旅行)」の普及・提案を通して、持続的な地域づくりを目指す民間非営利団体です。
http://www.cyclo-shimanami.com/
TEL/FAX 0898-33-0069
メールアドレス:cyclo@cyclo-shimanami.com

 

二人乗り専用自転車は、レンタサイクルターミナルで借りることができる。

この二人乗り専用自転車ですが、しまなみ海道のレンタサイクルターミナルでレンタルすることができます。

 

しまなみ海道には、サイクリングルートの中に、13箇所のレンタサイクルターミナルがありますが、二人乗専用自転車をレンタルできるのは、「瀬戸田サンセットビーチ」と「サンライズ糸山」だそうです。

 

二人乗り専用自転車をレンタルするときの注意点

この二人乗り専用自転車をレンタルするときは注意点があります。

 

以下の注意点があるそうなので、注意しましょうね。

 

  • 乗り捨てはできません。
  • 2日以上連続しての貸出しはできません。
  • 瀬戸田サンセットビーチ(生口島内のみ走行可能、生口橋、多々羅大橋は渡れません)、サンライズ糸山にのみ配置しています

 

レンタサイクルターミナルの情報はこちらからどうぞ↓↓↓

しまなみ海道のレンタル自転車情報。レンタル自転車の借り方・返し方。予約方法など。

 

最新情報をチェックしよう!
>しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道の初心者におすすめの本といえば、間違いなく「しまなみ島走book」です。なんといってもこの本は、しまなみでサイクリングガイドをしている「宇都宮一成さん」という方が、しまなみの面白いところや注意するところを、すべて紹介している本です。この本が一冊あれば、他の本は一切要らないというすぐれものです。宇都宮一成さんは新婚旅行を二人乗り自転車で世界一周してきたというすごい人なんです。そんな宇都宮さんが書いた本だから間違いないのです。

CTR IMG