気になる場所名やお店の名前を入力してください。関係する記事が表示されます。

しまなみ海道の距離は?一日の走行距離をどのくらいで見積もればいいの?

しまなみ海道の距離は、約70kmと言われます。ただこの70kmという距離は、走るコースによって随分と違ってきます。サイクリングのコースの取り方によっては100kmを超えることにもなります。このページでは、しまなみ海道の主なサイクリングコースの距離や、一日の走行距離をどのくらいで考えればいいかなどの情報を紹介します。

尾道から今治 もっともポピュラーなサイクリングコースは約70km

こちらの地図は、尾道から今治への、もっともポピュラーなしまなみ海道のルートを図にしたものです。

 

この図のルートで、どこにも立ち寄りをしないで、尾道から今治まで走り抜けた場合、約70kmということになります。

 

この地図で、赤色の部分が尾道から大三島までのルートで、約40km。

 

紺色の部分が、大三島から今治までのルートで、約30kmのイメージです。

 

しまなみ海道のメインルートもアップダウンはかなりある

しまなみ海道サイクリングのメインルートは約70kmですが、途中で峠や橋へ至る登坂など、アップダウンがかなりあることにも注意が必要です。

 

サイクリングの中~上級者にとっては、あまり気にならないかもしれませんが、普段あまり自転車に乗っていない人や、ファミリーにとっては、これらの坂のことも考慮にいれて、ルート設定したほうがいいでしょう。

 

アップダウンが多くて意外にきついしまなみ海道のメインルート

 

メインルート最大の難所「宮窪峠」

しまなみ海道をはじめてサイクリングした人の声の中で、意外に多いのが

 

「こんなにアップダウンがあるとは思わなかった」

 

という声があります。

 

「しまなみ海道って橋の上だから、ずっと平坦だって思っていた」

 

そのような感想も多いです。

 

橋へのアプローチ道路は緩やかなのでそれほどきつくない

 

橋へのアプローチはそれほどきつくない。

 

また、多くの方から聞かれる声に

 

橋までずっと登っていく道がきついんでしょ!?

 

そんな声も聞こえますが、橋までのアプローチ道路は、ゆるやかな勾配なので、さほどきつくありません。

 

しまなみ海道のメインルートの中のきつい坂ベスト3

しまなみ海道は、橋と橋の間は、島へおりて島内の一般道路を走ることになります。これらの一般道路の中で、登り坂がきつい坂について、ベスト3を紹介しようと思います。

第3位:因島アメニティー公園から因島大橋への登坂

尾道から今治へ行くときは、スピードの出る下り坂で、全く問題はないのですが、今治から尾道へ帰るとき、疲れているときに迎えるこの坂は、かなりきついです。

 

距離は200mほどと、全然短いのですが、勾配がきついので、疲れている体には答えます。

 

  • 距離:約200m
  • 高低差:約20m
  • 平均勾配:約10パーセント

 

勾配10パーセントですから、今治側から走って来たサイクリングの終盤で、この坂は、かなり堪えます。

 

サイト管理人2ka-tsuka(つか・つか)は、はじめて今治~尾道を、ワンデーリターンをしようと思った時に、この坂で心が折れて、坂の途中から折り返してしまいました。

 

第2位:大山祗神社への三村峠(県道21号線)

 

 

サイクリストの聖地、「多々羅しまなみ公園」を出て、大山祗神社へと至る県道21号線。

 

この県道は「三村峠」という峠を越えることになります。

 

  • 距離:1.4km
  • 高低差:約70m
  • 平均勾配:5パーセント

 

ファミリーサイクリングで、大山祗神社へ行く計画を立てている方は、途中に峠があることを、覚悟しておいて、飲み物や冷たいものを準備しておくといいでしょう。

 

第1位:宮窪峠

しまなみ海道のメインのルートの中で、一番の厳しい「激坂」は、大島にある「宮窪峠」を超える坂道です。

 

尾道側から来ると、最後の来島海峡大橋へ上る手前に、この宮窪峠を越えていかなければなりません。

 

上の断面図を見て頂ければわかるように、小さな峠がふたつと、宮窪峠という3つの峠があることがわかります。

 

今治へのゴール直前で、この三つの峠を越え、さらに来島海峡大橋へ上っていかなければならないのは、かなりハードです。

 

坂①

  • 距離:約500m
  • 高低差:約20m
  • 平均勾配:約4パーセント

坂②(宮窪峠)

  • 距離:約1km
  • 高低差:約40m
  • 平均勾配:約4パーセント

坂③

  • 距離:約600m
  • 高低差:約35m
  • 平均勾配:約6パーセント

 

きつい宮窪峠を回避するルートがあります。詳しくはこちらのページを見てね↓↓↓
関連記事

しまなみ海道のメインルートで一番きついのが、大島の宮窪峠です。この宮窪峠を楽に回避するルートについて紹介するページです。 今治から尾道へ向かう場合 来島海峡大橋を降りて、大島の外周道路とぶつかる場所。   […]

 

しまなみ海道でもっとも有名な展望台「亀老山(きろうざん)」の勾配は?

しまなみ海道の中で、もっとも有名な展望スポットが、亀老山(きろうざん)展望台です。

 

亀老山(きろうざん)は、上で紹介した、もっともポピュラーなメインルートからは、少しはずれたところにあります。

 

しまなみ海道が紹介されるときに、必ずといっていいほど使われる写真が、この亀老山(きろうざん)展望台からの、来島海峡大橋の写真だと思います。

 

しまなみ海道のサイクリングについて調べたことがある人は、きっとどこかでご覧になったことのあるのが、亀老山(きろうざん)です。

 

最近インスタで評判のアングル

 

しまなみ海道へ来たからには、何を差し置いても亀老山には登って欲しいです。

 

亀老山(きろうざん)への登坂は大変きついです。だけど、登るだけの価値は、絶対にあります。

 

ゆっくりとでいいですし、押して上っても全然恥ずかしくないので、中~上級者の方はもとより、サイクリングに慣れていない初心者の方も、是非、この亀老山(きろうざん)には登って欲しいです。

 

亀老山(きろうざん)の距離や高低差・勾配は?

 

歩いて上っても全然大丈夫です。

 

  • 登坂の距離:約2km
  • 登坂の高低差:約250m
  • 平均の勾配:約12.5パーセント

 

亀老山(きろうざん)については、またあらためて紹介したいと思います。

 

激坂オンパレードの大三島の南ルートは海の眺めが素晴らしい。

 

大山祗神社がある大三島の南ルートは、メインルートからは外れてはいますが、風光明媚な劇坂が続く、中~上級者向けのコースです。

 

上の断面図をご覧頂ければわかるように、かなりの激坂が、何か所もあります。

 

ですので、ファミリーの方向けには、おすすめはできないのですが・・・

 

ただ、この大三島の南ルートは、しまなみ海道のルートの中でも、サイト管理人2ka-tsuka(つか・つか)が大好きなコースのひとつです。

 

坂を登りきった峠からの風景や、坂を下っていく先にある海の美しさは、メインルートからでは、なかなか感じることのできない風景でもあります。

 

現代アートの美術館や、伊東豊雄先生のミュージアムがあるのも、この大三島の南ルートです。

 

眺めの素晴らしい「伊東豊雄ミュージアム」は劇坂の峠のてっぺんにある。

 

小さなお子様連れのファミリーサイクリングでは、走るのは難しいかもしれませんが、サイクリング初心者の方は、是非挑戦して頂きたいコースでもあります。

大三島の南ルートの情報

  • 南ルートの距離:約26km
  • 最大高低差:約76mm
  • 最大勾配箇所:約4.5パーセント

 

しまなみ海道の一日の走行距離をどのくらいを見込めばいいか

このページのはじめで紹介しましたとおり、尾道から今治までのメインルートの距離は、約70kmです。

 

ですが、しまなみ海道には、メインから外れたところにも、いろいろな魅力的なスポットが点在しています。

 

ですので、一概に一日の走行距離を、どのくらいで見込めばいいかというのは、読者のあなたが、どのようなところへ立ち寄りたいかによって、随分と変わってくると思います。

 

しまなみ海道は一日で往復できなくはない。

朝7時に今治を出発

 

しまなみ海道のサイクリングコースは、もっともポピュラーなルートが最短ルートです。

 

片道70km、往復140km。

 

この距離は、サイクリングの中~上級者では、一日で往復することも、全然無理な距離ではありません。

 

実際にサイト管理人2ka-tsuka(つか・つか)も、年に2~3回は、この、ワンデイターンをしています。

 

午前11時過ぎに尾道到着

 

だけど、これって全然楽しくないです。

 

あくまで、トレーニングの目的で、ワンデイターンをしているだけであって、しまなみ海道のサイクリング初心者のかたへ、おすすめするコースではありません。

 

一応サイト管理人2ka-tsukaの場合の、ワンデイターンの目安の時間は、以下のとおりです。

 

  • 今治から尾道:4時間
  • 尾道で休憩:1時間
  • 尾道から今治:5時間
  • 走行距離:約140km
  • 合計:10時間
  • 平均時速:14km/hr(休憩時間も含む)

 

ワンデイターンをしようと思う日は、朝7時に今治を出発して、夕方5時から5時半くらいの間に帰ってくるイメージです。

 

夕方5時半に今治到着。

 

10時間かけて尾道から今治までやってきた上級サイクリスト

 

先日、ゲストハウスで一緒になった、尾道から今治まで、10時間かけてやってきた、はじめてしまなみ海道のサイクリングにきた方がいました。

 

この方は、かなり自転車に乗り込んでいる人でしたが、サイコン(サイクルコンピュータ)のメータで見ると、走行距離が100kmになっていたと言っていました。

 

あちらこちらへ立ち寄りながら、10時間掛けてやってきたということですね。

 

  • 尾道から今治:10時間
  • 各所で立ち寄りながら
  • 走行距離:約100km
  • 平均時速:10km/hr(休憩時間も含む)

 

今治から大三島の有名店「大漁」へあちこと写真を撮影しながら行ってみた。

先日、大三島の海鮮丼の有名店「大漁」へ、どのくらい時間が掛かるだろうと思い、ゆっくりと写真を撮影しながら、掛かる時間を測ってみました。

 

ちなみに、今治(サンライズ糸山)から、大漁までの距離は、約35kmくらいです。

 

このとき掛かった時間が、約3時間でした。

 

7時35分出発

 

多々羅しまなみ公園到着:10時10分

 

大漁到着7時40分

 

  • 今治(サンライズ糸山)から大三島(大漁):3時間
  • 各所で立ち寄りながら
  • 走行距離:約35km
  • 平均時速:11km/hr(写真撮り時間を含む)

 

このように考えてみると、はじめてのしまなみ海道サイクリングの場合、平均時速は以下が目安かなと思います。

 

  • 小さなお子さん連れのファミリーサイクリングの場合:時速8kmくらい
  • 普段自転車に乗っていない初級者サイクリングの場合:時速10kmくらい
  • 中級から上級サイクリングの場合:時速15kmくらい

 

このくらいで想定すると、無理のないルート設定ができると思います。

 

あとは、どのくらいの時間をサイクリングできるかってことですね。

 

参考になりなれば幸いです。

最新情報をチェックしよう!
>しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道のサイクリング初心者におすすめの本

しまなみ海道の初心者におすすめの本といえば、間違いなく「しまなみ島走book」です。なんといってもこの本は、しまなみでサイクリングガイドをしている「宇都宮一成さん」という方が、しまなみの面白いところや注意するところを、すべて紹介している本です。この本が一冊あれば、他の本は一切要らないというすぐれものです。宇都宮一成さんは新婚旅行を二人乗り自転車で世界一周してきたというすごい人なんです。そんな宇都宮さんが書いた本だから間違いないのです。

CTR IMG