生口島のランチおすすめスポット。おすすめの立ち寄りスポットも併せてご紹介 。

TOP>しまなみ海道モデルコース>生口島 ランチ おすすめ

ドルチェ本店

生口島は塩の生産で栄えた町です。


生口島で最も賑やかなのは『瀬戸田』という場所。


塩の生産が盛んだったころ、瀬戸を埋め立てて塩田にしたため「瀬戸田」という名前が付いたそう。


古い町並みが並び、これらの民家をイノベーションした魅力的な食事処などもあったりします。

生口島の海岸を走る周回通りは殆ど平坦。


見どころも多いので、ファミリーサイクリングにもおすすめです。


このページの目次


生口島ってどんなとこ?生口島のランチのおすすめは?

生口島モデルコース

尾道を出発してから生口島橋を渡った3つめの島が生口島(いくちじま)です。


生口島でもっとも賑やかなのは「瀬戸田」という場所。


瀬戸田のしおまち商店街は、昔ながらの古い建物がならび、重要文化財に指定された庄屋さんの古民家もあったりします。

画像の説明
古い町並みが並びます

古民家をリノベーションした、お洒落なカフェもあったり、有名人なども訪問する手作りコロッケのお店もあったり、新旧入り混じった、とっても面白い町です。

しおまち商店街
リノベーションしたレストラン(汐待亭)

この瀬戸田は尾道から約30km、今治からは約45kmといったところ。


このモデルコースでは、尾道を出発するのを、午前9時と設定していますので、この瀬戸田に到着するのは、だいたいお昼頃ということになります。


この瀬戸田でランチを食べたり、インスタ映えのするポイントを回ったり等々、瀬戸田の魅力的な場所を紹介していきたいと思います。


尾道を出発してから、生口島までのモデルコースについては、過去記事をご覧くださいね。↓↓↓

尾道からしまなみ海道サイクリング。初心者向けモデルコースは?

尾道出発

はじめてのしまなみ海道サイクリング。朝9時ごろには、尾道から出発したいですね。
マイ自転車をお持ちでない方は、尾道駅前のレンタサイクルターミナルで自転車をレンタルして、出発ということになると思います。


しまなみ海道初心者におすすめ。【因島】サイクリングおすすめコースは?

因島

因島は東側ルートと西側ルートで、全くサイクリングコースが異なります。東側ルートは、厳しいアップダウンが続く、【サイクリング中級者】向けコース。西側ルートは、殆ど平坦な【サイクリング初心者】向けコースです。





西の「日光」こと耕三寺。「未来心の丘」がインスタ映えすると大人気

生口島でもっとも賑やかなのが、「西の日光」ともいわれる「耕三寺」。


個人的には「日光と比べたら、あかんやろ」と思いますが、桜が咲く時期や紅葉が咲く時期はホントキレイで、インスタ映えの場所もいっぱい。

画像の説明
サクラの時期もおすすめです。

画像の説明
紅葉の時期もおすすめです。

特に最近は、インスタ映えスポットとして有名になった、【未来心の丘】も、この耕三寺の中にあります。


この「未来心の丘」とともに、サイト管理人2ka-tsukaとして是非訪問して頂きたいところがあります。


それは、この耕三寺の中にある、千仏洞地獄峡という洞穴です。

耕三寺地獄絵図1
千仏洞地獄峡の入口

この洞穴は地下霊場になっていて、たくさんのお地蔵さまが彫られているのと一緒に
「地獄」の絵図が祭られています。


これらの地獄の絵図、ほんとうにおどろおどろしいです。

地獄絵図

おそらく、最近の子供たちは、このような「おどろおどろしい」という体験は、ないのではないでしょうか。


このような「おどろおどろしい」世界も、子供たちに見せてあげるのは、きっと貴重な体験になると思うのですよ。




耕三寺周辺のグルメスポット

この耕三寺のある瀬戸田界隈に、食事処は集中しています。

地元のタコが食べたいのであれば「ちどり」がおすすめ

ちどりトップ
画像引用:ちどりさん公式HP

瀬戸田がある生口島は、古くからタコ料理が盛んです。


なので、瀬戸田へ来て「少しくらい高くても、地元のタコ料理を食べたい」というのであれば、耕三寺の目の前にある「ちどり」がおすすめのようです。


「ちどり」が有名なのは、いろいろとテレビの取材なども受けているからのようで、店内には、「梅沢富美男」さんや「ベッキー」の写真が貼ってあるそうです。


ちなみに、私は行ったことありません。やっぱり観光客価格で、ちょっとお値段がお高めかなと、店構えからして、こちらもなんとなく身構えてしまうような、お店構えです。

ちどりのメニュー

ざっと「ちどり」さんのメニューについて紹介してみると

  • たこ天丼:1,150円
  • かつ丼:1,150円
  • アナゴ丼:1,600円
  • タコ天うどん:950円
  • ちどり御前:2,200円
  • タコ天丼セット:1,250円
    などなど。

「食べログ」さんの口コミを見ると、「タコ天丼」や「タコ天丼セット」を注文している方が多いようです。


口コミを見ると、「タコ天丼」の量がハンパなく、フードファイターなみだということ。ホントかなぁ~???今度実際に体験してみて、詳しく紹介しますね。


お隣には、こちらもタコ料理のお店「蛸処 憩」というお店があるようですが、「ちどり」さんのほうが、お客様は多いそうです。


食べログのランキングでは、蛸処 憩さんのほうがランキングは上になっていますが、「ちどり」さんの場合、いろいろと取材を受けているので、知名度が高いようですね。





しまなみ海道のツアーガイドに教えてもらった、地元で評判の「しまなみロマン」

しまなみ海道には、「ツアーガイド」をしている団体がいくつかあります。


中でも私が何度もツアーに参加させて頂いているる団体が、NPO法人「シクロツーリズムしまなみ」さん。


NPO法人「シクロツーリズムしまなみ」さんは、スタッフの皆さんがとってもフレンドリーで、地元のツアーガイドでなければ知らない、穴場なども教えてくれるので、すごくおすすめのツアーガイドの団体さんです。

NPO法人「シクロツーリズムしまなみ」企画ツアーの評判

キャンプアンドライド

NPO法人「シクロツーリズムしまなみ」企画ツアー【第一回しまなみキャンプアンドライド】。ゴールで皆が感動で涙した、NPO法人「シクロツーリズムしまなみ」のツアー。皆が涙したそのわけは?



しまなみ海道で、きっと一番有名なゲストハウス「シクロの家」を運営しているのも、このNPO法人「シクロツーリズムしまなみ」さんです。

シクロの家
シクロの家を運営しているのも
NPO法人「シクロツーリズムしまなみ」さん


このNPO法人「シクロツーリズムしまなみ」のガイドさんから、「コスパがいいけん、一回、いっと~み(コスパがいいから、一度行ってごらん)」と勧められたのが、瀬戸田港の近くにある「しまなみロマン」さん。


このお店は、食べログなどでは「口コミゼロ」ですが、地元ガイドさんがおすすめのお店はどんなかんじだろうと思い、行って来ましたので、紹介したいと思います。

画像の説明


瀬戸田へ行ったらドルチェはマスト立ち寄りポイント

ドルチェ本店

瀬戸田のマスト立ち寄りスポットといえば、ジェラートで有名なドルチェがあります。


ですがこのドルチェはいつもお客さんでおおにぎわい。


しかも瀬戸田からは8kmほどあり、少し距離があります。しかもしかも、しまなみ海道の初心者の人には、できればこのまま大三島へ行って欲しいので、方向が反対方向になってしまいます。


大三島にはなんといっても、「サイクリストの聖地碑」があるけんね。絶対に行って欲しいわけですよ。


だけど大丈夫。このドルチェの姉妹店が、瀬戸田の近くにあるんです。


お子さんにはバカ受け間違いなし。「汐待亭」のカレーに「岡哲」のコロッケを入れてコロッケカレーでランチ

画像の説明

とってもゆっくりとゆったりした時間を過ごすことができるのが、汐待亭さん。


古民家をリノベーションしたダイニングレストランは、とってもおしゃれ。


中庭があったり、着物がかざってあったり、だけどジャズが流れていたりととっても素敵な空間です。


この汐待亭さんで頂けるのは、地産地消にこだわったお料理。なかでもお子様にバカ受け間違いないのが、「岡哲商店」さんとコラボしたコロッケカレー。



瀬戸田でファミリーサイクリストにおすすめコスパ最高ランチ【島食堂 「さよ」】

画像の説明

食べログなどであまり紹介されていないのですが、ファミリーサイクリングにおすすめの、食堂があります。


なんといっても「安い!!」


しかも「おいしい!!」


瀬戸田でファミリーサイクリングにおすすめコスパ最高ランチ【島食堂 「さよ」】さんを紹介します。




TOP>しまなみ海道モデルコース>生口島 ランチ おすすめ

【しまなみ海道初心者のためのモデルコース】

尾道発しまなみ海道初心者おすすめコース

auto-Kd3MsT.jpg

尾道から、しまなみ海道の最初の島「向島(むかいじま)」へは、橋で渡るよりもフェリーで渡りましょう。フェリー代金は70円~110円、乗っている時間も5分ほどです。尾道と向島を結ぶ橋は、車がすぐ脇を通るので危険なので・・・

今治発しまなみ海道初心者おすすめコース

今治発

今治側からのしまなみ海道への旅は、しまなみ最長の橋「来島海峡大橋」からスタートになります。この「来島海峡大橋」と生口島と大三島の間に掛かる「多々羅大橋」が、しまなみ海道の橋の中で、私は断然トップ1、2の美しさです。折角ならば・・・

大三島発しまなみ海道初心者おすすめコース

Rdbc9a679569a407fda1f6ecce8fbccfb_m.jpg

大三島は、しまなみ海道のほぼ真ん中にあたります。大三島と隣の生口島を結ぶ「多々羅大橋」。その姿は美しく、しまなみ海道の中でも、橋からの眺めは、来島海峡大橋と並んでトップ1,2です。大三島は見どころの多い島ですが、最近のイチオシは・・・



【しまなみ海道サイクリング初心者におすすめのしまなみの本】

画像の説明

初心者におすすめのしまなみの本といえば、間違いなく「しまなみ島走book」です。


なんといってもこの本は、しまなみでサイクリングガイドをしている「宇都宮一成さん」という方が、しまなみの面白いところや注意するところを、すべて紹介している本です。この本が一冊あれば、他の本は一切要らないというすぐれものです。


宇都宮一成さんは新婚旅行を二人乗り自転車で世界一周してきたというすごい人なんです。そんな宇都宮さんが書いた本だから間違いないのです。


本の内容はこちらで詳しく紹介しています。⇒初心者におすすめのしまなみの本

関連ページ