大三島のおすすめの昼食は肉料理

大三島で感動的に美味しい肉料理を食べることができました。

この炭火焼定食を800円で提供するなんて!!

この美味しい肉料理の昼食は、素敵な気持ちのいい若い夫婦が切り盛りする「きつねのぼたん」さんで食べることができます。

炭火焼肉丼
サービスで付けてくれた炭火焼肉


魚料理が絶品の「きつののぼたん」の肉料理に感動

昨年末に大山祗神社へ年末のお参りをし、そのときに新しくオープンしたばかりの「きつねのぼたん」さんでランチを頂きました。

>>年末に「シマアジのなめろう丼ランチ」を頂いたときの記事

今回は「そうだ年明けの挨拶に大山祗神社へまだお参りしていなかった」ということで、急きょ天気の良い土曜日に大山祗神社へお参りに来たわけですが、人気店の「大漁」には目もくれず、

大山祗神社タイムトライDSCN8981
相も変わらず「大漁」は混んでいます。

年末に食べた「シマアジのなめろう丼」の味が忘れられず、また「きつねのぼたん」さんへやってきたわけです。

大山祗神社タイムトライIMG_20170128_115810
今回もシマアジのなめろう丼定食を頂きました。

大山祗神社タイムトライIMG_20170128_115814

大山祗神社タイムトライIMG_20170128_115806

すまし汁もサケの麴あえにも大満足です。

そのときに、ふと台所のほうを見ると、おいしそうなタレに浸かった肉らしき物体。

「あれは何?」と聞くと「実はこれが炭火焼肉丼の肉なんです。継ぎ足し継ぎ足しのタレに付け込んでいるので、実は一度食べたらファンになってくれるお客様が多いんですよ。」と店主。

「へ~」というわたしに、「少し味見してみて下さい」と付けてくれたのが、ページの一番上の写真なんです。

魚のランチもうまいが炭火焼肉丼のランチはコスパ良すぎじゃない!!?

はじめて訪問したときに、「しまあじのなめろう丼定食」が気に入って、「大山祗神社へお参りにきたときは、ランチに行くなら『きつねのぼたん』」とひそかに決めていた私。

シマアジのなめろう丼定食は1,200円です。若い子供連れの夫婦にとっては、「ちょっと高いかな」と思う人がいるかもしれませんが、私くらいの年齢になれば、「ちょっとくらい高くても美味しいものを食べたほうが満足できる。」という、大満足の魚のランチです。

実際に「シマアジのなめろう丼ランチ」は、全く「高い」とは感じないわけですし。

炭火焼肉丼

ところが、この炭火焼肉丼定食。なんと800円です。

思わず若いお嫁さんに、「安過ぎじゃない?!!」って言ってしまったほどの肉料理です。

カウンターの隣に座った、私よりも少し年配の夫婦の方も、「これは旨いねぇ」と感心した声をあげていました。

なんといっても「肉をがっつり食べた!」という気にしてくれる炭火焼肉丼です。

上品なステーキを食べているマダム方がよく言う「とろける。」とか「口の中で溶けたぁ」とといった上品なお肉ではないです。

「THE 肉!!」といった炭火焼肉が、継ぎ足し使っているという秘伝のタレと相まって、「ご飯が進むこと間違いなし!!」という炭火焼肉丼が、なんと800円です。

次回は、ご飯を多めに入れてもらって、この炭火焼肉丼をがっつりと食べてみたいと思ったのでした。

大三島で「大漁は混んでるし、どこかおいしいランチないかなぁ」と探している方は、是非一度訪ねてみるといいと思います。

しまなみ海道を暇さえあればあちらこちら行っている私が、「ここはおすすめ」と言えるお店の一つです。

おおみしまランチDSCN8829
おすすめできるお店の一つです。

きつねのぼたん
住所愛媛県今治市大三島町宮浦5512
電話0897-82-0120
店主からひとこときつねのぼたんとは草花の名前です。
花言葉は「恵まれた生活」
私たちはたくさんの素敵な人に恵まれて
この場所に立っています。
その感謝の気持ちを忘れずに
皆様に笑顔を届け続けます。


初心者におすすめのしまなみの本

画像の説明

初心者におすすめのしまなみの本といえば、間違いなく「しまなみ島走book」です。なんといってもこの本は、しまなみでサイクリングガイドをしている「宇都宮一成さん」という方が、しまなみの面白いところや注意するところを、すべて紹介している本です。この本が一冊あれば、他の本は一切要らないというすぐれものです。宇都宮一成さんは新婚旅行を二人乗り自転車で世界一周してきたというすごい人なんです。そんな宇都宮さんが書いた本だから間違いないのです。

本の内容はこちらで詳しく紹介しています。⇒初心者におすすめのしまなみの本

神様の宿る島「大三島」の関連記事

絶対にはずせない大山祗神社へまずはお参り大三島のインスタ映えランチ「典座」大三島のランチでおすすめなのは?大三島で無農薬のレモン果汁やリキュールなら「リモーネ」がおすすめ大三島の「大漁」よりおすすめかも!?大三島で美味しい魚のランチなら大三島のおすすめの昼食は肉料理大三島発、サイクリング初心者おすすめコース大久野島へのアクセスは? | 車ではアクセスできない大久野島

【しまなみ海道初心者のためのモデルコース】

尾道発しまなみ海道初心者おすすめコース

auto-Kd3MsT.jpg

尾道から、しまなみ海道の最初の島「向島(むかいじま)」へは、橋で渡るよりもフェリーで渡りましょう。フェリー代金は70円~110円、乗っている時間も5分ほどです。尾道と向島を結ぶ橋は、車がすぐ脇を通るので危険なので・・・

今治発しまなみ海道初心者おすすめコース

今治発

今治側からのしまなみ海道への旅は、しまなみ最長の橋「来島海峡大橋」からスタートになります。この「来島海峡大橋」と生口島と大三島の間に掛かる「多々羅大橋」が、しまなみ海道の橋の中で、私は断然トップ1、2の美しさです。折角ならば・・・

大三島発しまなみ海道初心者おすすめコース

Rdbc9a679569a407fda1f6ecce8fbccfb_m.jpg

大三島は、しまなみ海道のほぼ真ん中にあたります。大三島と隣の生口島を結ぶ「多々羅大橋」。その姿は美しく、しまなみ海道の中でも、橋からの眺めは、来島海峡大橋と並んでトップ1,2です。大三島は見どころの多い島ですが、最近のイチオシは・・・

コメントを頂けるとうれしいです。

(認証コードを「認証コード枠」に入れるとコメントが書けます。)