「きつののぼたん」のなめろう丼定食が絶品!と評判

大三島で魚料理がおいしいと評判の「きつねのぼたん」さんへ行ってきました。

しまあじのなめろう丼は、噛めば噛むほど味が出てくる感じで、大変おいしく頂きました。

さらに若い夫婦は気さくに話掛けてくれて、とても雰囲気のいいお店でした。


おおみしまランチDSCN8827
もりもりに盛り上げられた「なめろう丼定食」

おおみしまランチDSCN8829
若い夫婦のお店はとても心地よかったです。


きつねのぼたんさんの新ランチメニューが絶品(2017/12追記)

きつねのぼたんさんが新ランチメニュをはじめました。このランチが美味しかったので動画にしてみました。


新しくオープンした魚料理のランチが美味しいと評判の「きつねのぼたん」さんへ

12月も終わるというのに、晴れて暖かいいい天気になったので、「大山祗神社へ年末のごあいさつをしておこう」と、久しぶりに大三島へ行くことにしました。

おおみしまランチDSCN8836
大三島は海岸線も意外にアップダウンがあります。

久しぶりの快晴。紅葉の山々を背景に、ひさしぶりのヒルクライミンングに、ぜーぜーと汗を流しながらのサイクリングですが、最高に気持ちのいい一日でした。

おおみしまランチDSCN8834
冬の大三島の海はとてもきれいでした。

おおみしまランチDSCN8822
大山祗神社の山門が改築されてました。


馴染みのリモーネから「大山祗神社の向かいに新しくランチが食べられるところが出来てますよ」と

大山祗神社へ行く前に、「そうだレモンチェロを買っておこう」と大三島で顔なじみとなったリモーネへ。

リモーネは無農薬で作ったレモンからレモン果樹やレモンのリキュール「レモンチェロ」を製造販売しているお店です。

関連記事⇒リモーネの無農薬レモンがおすすめ(大三島)

リモーネ

基本的にあまり人としゃべることが得意でない私に、この「智子さん」はいろいろと、無農薬の柑橘類のことや商品について話かけてくれた。本当に明るい太陽のような女性で、私はこのショップが大三島のお気に入りのスポットになってしまったわけである。
>>つづきはこちら

このリモーネのオーナーの智子さんから、「大山祗神社の向かいに新しくランチが食べられるところが出来て評判になってるんですよ。」と聞き、行ってみることにしたのです。


大山祗神社のすぐ目の前にある「きつねのぼたん」の「シマアジのなめろう丼定食」が絶品。

大山祗神社の目の前の魚料理と言えば、安くて上手いと評判の「大漁」さんが有名です。この日も長い行列ができていました。

おおみしまランチDSCN8832
大漁はこの日も行列

私も一度両親をつれて行ったことがありますが・・・コメントは控えましょう。

さて、目的の新しいお店は、この「大漁」と同じ並びにありました。

おおみしまランチDSCN8833
商店街の入り口にオープンしていました。

おおみしまランチDSCN8831

おおみしまランチDSCN8830

なかなか新しいお店へ一人で入るのははじめは躊躇うもので、店の前を自転車を押しながら一旦通り過ぎたところ、店の中から男性が「よかったらお食事されていきませんか」とさわやかに声をかけてくれました。

その声につられるように中へ入ってみると、店内には既に2組のお客様がいらっしゃいました。

おおみしまランチDSCN8826
オープンしたてのさわやかな店内

おおみしまランチDSCN8824
ランチメニュー

店主と思われるイケメンの若い男性が気さくに声をかけてくれて、

「11月25日にオープンしたばかりなんです。」「嫁がこちら(大三島)出身で、思い切ってこちらで開業することにしました。」「大三島は食事できるところが少なくてお客様はすごく困ってらっしゃるんです。」

などなどのお話を聞くことができました。

初体験の「シマアジのなめろう」が絶品

ランチは4種類あるようでした。

「鯛めし」「ハマチ丼」が850円、「牛の炭火焼丼」が800円、「シマアジのなめろう丼」が1300円

「鯛めしは南予の鯛めしです。」とのこと。「はまち丼」「牛の炭火焼丼」ともに心が動きましたが、やはり高級魚の「シマアジ」を「なめろう」にしてしまった店主の挑戦に心が揺さぶられ、「シマアジのなめろう丼ランチ」をお願いしました。

おおみしまランチDSCN8828
シマアジのなめろう丼ランチ

お椀は鯛で丁寧に出汁をとったお吸い物に、とき玉子がふんわりと浮かんでいて、しっかりと鯛の旨みがある、あたたかい玉子スープでした。このスープはおかわりしたいくらいでした。

カブの漬物もおいしかったです。

そして「シマアジのなめろう丼」。これが絶品でした。私が店主に「美味しいよ。本当においしい」と話掛けていると、座敷に座っていた小母様がたからも「これホント美味しいわ」と声があがりました。

私はグルメレポータでは無いので、上手に料理のおいしさを表現できなくて、もどかしいですが

「もう一度食べたいですか?」と聞かれれば「大三島へ行くたびに食べたいです。」と答えたい「シマアジのなめろう丼ランチ」でした。

夜には炭火焼で焼いた魚を出してくれる居酒屋になるとのこと。

是非、夜にも訪ねてみたいです。きっとおいしい肴と気持ちのいい若夫婦との会話で、気持ちのいい時間が過ごすことができそうなお店でした。

おおみしまランチDSCN8829

大三島へ行くたびに、訪ねたい店が、また一件増えました。

きつねのぼたん
住所愛媛県今治市大三島町宮浦5512
電話0897-82-0120
店主からひとこときつねのぼたんとは草花の名前です。
花言葉は「恵まれた生活」
私たちはたくさんの素敵な人に恵まれて
この場所に立っています。
その感謝の気持ちを忘れずに
皆様に笑顔を届け続けます。


初心者におすすめのしまなみの本

画像の説明

初心者におすすめのしまなみの本といえば、間違いなく「しまなみ島走book」です。なんといってもこの本は、しまなみでサイクリングガイドをしている「宇都宮一成さん」という方が、しまなみの面白いところや注意するところを、すべて紹介している本です。この本が一冊あれば、他の本は一切要らないというすぐれものです。宇都宮一成さんは新婚旅行を二人乗り自転車で世界一周してきたというすごい人なんです。そんな宇都宮さんが書いた本だから間違いないのです。

本の内容はこちらで詳しく紹介しています。⇒初心者におすすめのしまなみの本

神様の宿る島「大三島」の関連記事

絶対にはずせない大山祗神社へまずはお参り大三島のインスタ映えランチ「典座」大三島のランチでおすすめなのは?大三島で無農薬のレモン果汁やリキュールなら「リモーネ」がおすすめ大三島の「大漁」よりおすすめかも!?大三島で美味しい魚のランチなら大三島のおすすめの昼食は肉料理大三島発、サイクリング初心者おすすめコース大久野島へのアクセスは? | 車ではアクセスできない大久野島

【しまなみ海道初心者のためのモデルコース】

尾道発しまなみ海道初心者おすすめコース

auto-Kd3MsT.jpg

尾道から、しまなみ海道の最初の島「向島(むかいじま)」へは、橋で渡るよりもフェリーで渡りましょう。フェリー代金は70円~110円、乗っている時間も5分ほどです。尾道と向島を結ぶ橋は、車がすぐ脇を通るので危険なので・・・

今治発しまなみ海道初心者おすすめコース

今治発

今治側からのしまなみ海道への旅は、しまなみ最長の橋「来島海峡大橋」からスタートになります。この「来島海峡大橋」と生口島と大三島の間に掛かる「多々羅大橋」が、しまなみ海道の橋の中で、私は断然トップ1、2の美しさです。折角ならば・・・

大三島発しまなみ海道初心者おすすめコース

Rdbc9a679569a407fda1f6ecce8fbccfb_m.jpg

大三島は、しまなみ海道のほぼ真ん中にあたります。大三島と隣の生口島を結ぶ「多々羅大橋」。その姿は美しく、しまなみ海道の中でも、橋からの眺めは、来島海峡大橋と並んでトップ1,2です。大三島は見どころの多い島ですが、最近のイチオシは・・・

コメントを頂けるとうれしいです。

(認証コードを「認証コード枠」に入れるとコメントが書けます。)