しまなみ海道初心者におすすめ。【因島】サイクリングおすすめコースは?

TOP>しまなみ海道モデルコース>因島サイクリング 初心者向けおすすめコース

東側ルート
絶景が続く東ルートは
初心者には荷が重いかも。


因島は東側ルートと西側ルートで、全くサイクリングコースが異なります。


東側ルートは、厳しいアップダウンが続く、【サイクリング中級者】向けコース。


西側ルートは、殆ど平坦な【サイクリング初心者】向けコースです。


東側ルートはアップダウンは厳しいですが、風景は絶景が続きます。


一方西側ルートは、ほぼフラットでショップなどの立ち寄りポイントも多いです。


このページでは【初心者向け】ということで、西側ルートを紹介します。



このページの目次

しまなみ海道初心者におすすめ。【因島】サイクリングおすすめコースは?

因島モデルコース

こんにちは。しまなみ大好きサイト管理人2ka-tsukaです。


この数回は、尾道から出発した場合の、しまなみ海道のモデルコースということで紹介しています。


前回は、尾道駅前を午前9時に出発して、尾道のすぐ向かい側にある島【向島】へ渡るまでのモデルコースについて紹介しました。


今回は、向島のお隣【因島】のモデルコースや立ち寄りスポットについて、紹介したいと思います。



向島と因島をつなぐ【因島大橋】は残念な橋だと個人的には思う

因島大橋800×680
ちょっと残念な【因島大橋】

前の記事でも書きましたが、向島と因島をつなぐ【因島大橋】は残念な「トホホ」橋だと、個人的には思います。


因島大橋が「トホホ」な理由は、過去記事で紹介しているので、よろしければ見てみて下さいね。↓↓↓




因島は花とレトロが入り混じった島

画像の説明
除虫菊が咲く風景は一見の価値あり

一言で言えば、因島は【花の島】といえると思います。


因島が【花の島】になったのは、かつてこの島で『除虫菊』の栽培が盛んだったことに由来します。


除虫菊って知ってます?


そうです。あの蚊取り線香の原料です。


今の【因島フラワーセンター】は、除虫菊の栽培が盛んだったころ、除虫菊の研究所であったそうです。

フラワーセンター800680
かつて除虫菊の研究所だった
因島フラワーセンター


この除虫菊が5月の中旬ころ満開を迎えます。


GWの頃には花が咲き始めるころだということで、チラホラと白い除虫菊の花を楽しむこともできるそうです。(サイト管理人2ka-tsukaは、まだ見たことがありません。)

画像の説明
地図引用:因島観光協会さま



因島の代表スイーツ【はっさく屋】さんで、出来立てばりウマの【はっさく大福】を食べよう

はっさく大福
出来立てのはっさく大福を頂けます。

因島の有名スイーツが【はっさく屋のはっさく大福】です。


はっさくの実をひとつまるごと包んだ大福は、出来立てがやっぱり最高。女子サイクリストにも大人気のスイーツです。

はっさく屋2
女子サイクリストに大人気で
いつも満員です。


はっさく屋3

このはっさく屋さんからは、2018年の長澤まさみさんと高橋一生さんが共演して話題になった映画「嘘を愛する女」の舞台【大浜崎灯台】を、見ることができます。

大浜埼灯台
写真中央部の小さく見える
白い建物が大浜埼灯台


【はっさく大福】は配送もしてくれるので、おみやげにもおすすめですよ。


持ち運ぶにはちょっと重いですからね。


はっさく屋1





因島のマスト立ち寄りポイント

因島の【マスト立ち寄りスポット】とは、サイクリストにとっては、【大山神社】でしょう。

大山神社HPより
交通の守り神様・橋渡しの神様といわれる、和多志(わたし)大神様をお祀りしております。サイクリストさんに境内の休憩所を開放したところ、交通安全や旅の安全のご祈祷を自転車ごと受けれることから自転車神社と言われるようになりました。
http://ooyama.sun.bindcloud.jp/cycle/yuisho.html

大山神社は自転車の神様ということで、サイクリストのための境内もあるので、本殿と併せてお参りしましょうね。


大山神社のお守りといえば、【自転車守る輪】


このお守りをつけてから、私は『立ちゴケ』は無くなりましたよ。

大山神社お守り
お守りを付けてからは
立ちゴケ無くなりました。


大山神社への登坂はまあまあきついですので、初心者の方「立ちごけ」をする前に、押して上ったほうがおすすめかも。




「ヒカリの碁」でおなじみ【本因坊秀策】記念館

人気漫画「ヒカリの碁」でおなじみの、秀策の記念館があるのも因島です。

秀策記念館1

記念館の中では、あの「幽玄の間」が再現されていて、この「幽玄の間」で、実際に碁を打ってもいいようです。

幽玄の間

ご自由に

秀策の生家なんていうのも、あったりします。

生家

初心者サイクリングのコースからはちょっと外れますが、「ヒカリの碁」のファンの方は、訪問してみると、面白いかもしれません。




【しまなみ海道初心者のためのモデルコース】

尾道発しまなみ海道初心者おすすめコース

auto-Kd3MsT.jpg

尾道から、しまなみ海道の最初の島「向島(むかいじま)」へは、橋で渡るよりもフェリーで渡りましょう。フェリー代金は70円~110円、乗っている時間も5分ほどです。尾道と向島を結ぶ橋は、車がすぐ脇を通るので危険なので・・・

今治発しまなみ海道初心者おすすめコース

今治発

今治側からのしまなみ海道への旅は、しまなみ最長の橋「来島海峡大橋」からスタートになります。この「来島海峡大橋」と生口島と大三島の間に掛かる「多々羅大橋」が、しまなみ海道の橋の中で、私は断然トップ1、2の美しさです。折角ならば・・・

大三島発しまなみ海道初心者おすすめコース

Rdbc9a679569a407fda1f6ecce8fbccfb_m.jpg

大三島は、しまなみ海道のほぼ真ん中にあたります。大三島と隣の生口島を結ぶ「多々羅大橋」。その姿は美しく、しまなみ海道の中でも、橋からの眺めは、来島海峡大橋と並んでトップ1,2です。大三島は見どころの多い島ですが、最近のイチオシは・・・



【しまなみ海道サイクリング初心者におすすめのしまなみの本】

画像の説明

初心者におすすめのしまなみの本といえば、間違いなく「しまなみ島走book」です。


なんといってもこの本は、しまなみでサイクリングガイドをしている「宇都宮一成さん」という方が、しまなみの面白いところや注意するところを、すべて紹介している本です。この本が一冊あれば、他の本は一切要らないというすぐれものです。


宇都宮一成さんは新婚旅行を二人乗り自転車で世界一周してきたというすごい人なんです。そんな宇都宮さんが書いた本だから間違いないのです。


本の内容はこちらで詳しく紹介しています。⇒初心者におすすめのしまなみの本

関連ページ