画像の説明 画像の説明

NPO法人「シクロツーリズムしまなみ」企画ツアーの評判

しまなみ海道の初心者もしまなみ海道の魅力を満喫できる「シクロツーリズムしまなみ」企画のツアー

サイクリングイベントを通じて、しまなみ海道の魅力を発信しているNPO法人「シクロツーリズムしまなみ」

このシクロツーリズムしまなみが企画した、「第一回しまなみ海道キャンプアンドライド」というツアーへ参加してきました。

来島海峡大橋サイクリングしゴールへ


「しまなみ海道をキャンプしてサイクリングする」というはじめての試みは大成功

このシクロツーリズムしまなみが企画した、「しまなみ海道をキャンプをしながらサイクリングを楽しむ」というイベントは、しまなみ海道のサイクリングツアーでは、私が知る限りでは、はじめてのイベントです。

画像の説明
キャンプ、BBQ、サイクリングツアーは大成功

開催されたのは、7/15、7/16の気温が35度を超える猛暑日。

シクロツーリズムしまなみの関係者から、「今回は女性が半分以上参加です。しまなみ海道をはじめて走る人もいます。」と聞いていた私は正直「大丈夫かなぁ」とかなり心配していました。

ですが、「サポートカーも二台走るし、ゆっくり走るので体制は万全です。」とのスタッフの話。

サポートカー
テントやバーベキューセットを積んだサポートカー

スタッフの話に、心配をしながらも、心待ちにしていたのでした。

ツアー初日 尾道~向島~ゆめ海道サイクリング~キャンプ

集合場所の尾道には、東は東京から南は鹿児島まで、「ようこそいらっしゃいました」と、愛媛県出身の私としては大歓迎の顔ぶれです。

参加人数は30数名。

「スタッフの数を考えると、このくらいの人数がギリギリですねぇ」とのこと。

サイクリングの初心者あり、山ガールあり、日ごろからキャンプアンドライドを楽しんでいる人ありの様々な顔ぶれです。

出発1
尾道でスタッフからの説明を受けて出発

画像の説明
尾道から船で向島へ約5分の船旅

画像の説明
地ラムネでTVにも取り上げられた後藤鉱泉所

画像の説明
向島、因島の海岸ルートを走り

画像の説明
土生(はぶ)港から生名島の立石港へ上陸

画像の説明
ゆめしま海道を走り弓削島のキャンプ場へ

テント設営
キャンプ場へ到着。テントを設営し

バーベキュー作成中
バーベキューの準備

画像の説明
肉も野菜もふんだんに。

バーベキュー準備中

画像の説明
みんなで準備

いのしし肉のさしいれ
イノシシ肉の差し入れも。

画像の説明
自己紹介タイム

画像の説明

画像の説明

夜遅くまで歓談
当初予定よりも夜遅くまで歓談



しまなみ海道でおすすめの弓削島のキャンプ場

このシクロツーリズムしまなみのツアーでキャンプしたのは、弓削島の法王ケ原キャンプ場というキャンプ場です。

マツ林の中にあるキャンプ場で、松原海水浴場という静かな海水浴場に面しているところです。

画像の説明
整備されたマツ林のキャンプ場

水洗トイレも2か所あり清潔ですし、屋外ですがシャワーもあります。

さらに自転車で数分のところに、スーパーマーケットやコンビニもあります。

しかもしかも、キャンプ場から歩いていけるところに、「シーリゾートフェスパ」という温泉まであるのです。

画像の説明


さらにしかもしかも、この海岸からは海から、朝日が昇るのをみることができるんです。

画像の説明
海から昇る朝日

これは実はしまなみ海道でキャンプする場合、かなり貴重な体験です。

というのも「しまなみ海道で、東側へ向けて開けたキャンプ場というのは、ほかにないんですよ。(シクロツーリズムしまなみスタッフ談)」ということなんです。

さすが、しまなみ海道を知り尽くしている、シクロツーリズムしまなみのスタッフ\(^o^)/と感心させられた、ツアーの初日なのでした。


画像の説明 画像の説明


関連ページ