はじめての生口島サイクリング 子供と行きたい立ち寄りポイント5選

TOP>しまなみ海道モデルコース>生口島 サイクリング 子供

画像の説明
生口島ではかかしがお出迎え

お子様連れのファミリーの場合、はじめてのしまなみ海道サイクリングの場合、生口島のサイクリングがおすすめです。


なんといっても、島を周回できる海岸道路が、ほぼ平坦です。


こんなに、平坦な周回道路は、しまなみ海道のほかの島ではありません。


そして、生口島は立ち寄りポイントが多いです。


このページでは、はじめての生口島サイクリング 子供と行きたい立ち寄りポイント5選ということで紹介したいと思います。


このページの目次


小学生低学年の場合の走行距離の目安

はじめまして、サイト管理人2ka-tsukaです。


しまなみ海道のサイクリングが大好きで、このようなブログで情報を紹介しています。


さて、今回はお子様連れのファミリーサイクリングの方向けに、しまなみ海道で一番おすすめの、子供と一緒に行く生口島のサイクリングについて紹介したいと思います。


生口島は、お子様連れのファミリーの方に、しまなみ海道の中で、最適なサイクリングのできる場所だと思います。


なんといっても、海岸を走る外周道路が、ほぼ平坦だというのがうれしいです。

生口島外周道路3
外周道路は快適に走れます。


それに、生口島には立ち寄りポイントも多いし、生口島の瀬戸田地区には、ファミリーにおすすめのランチスポットも多いですしね。



ところで、お子様連れのサイクリングの場合、一日どのくらいの走行距離が適当なのでしょうか。


残念ながら、うちの子供たちはもうずいぶんと大きくなってしまったので、自分の経験というわけにはいかないので、いろいろと調べてみたとこと


お子様連れのサイクリングの場合、適当な一日の走行距離は

30km~40km

というのが適当な距離だと紹介されているのが多いようです。


それではこの30km~40kmという走行距離を目安にして、お子様と一緒にいく生口島サイクリングの、おすすめコースと立ち寄りポイントについて、紹介したいと思います。


生口島へアクセスして自転車をレンタルする

まずお子様連れのファミリーの方向けということで、生口島へアクセスして自転車をレンタルするということで、紹介したいと思います。


生口島には、レンタサイクルターミナルが2か所あります。


「瀬戸田サンセットビーチ」「瀬戸田観光案内j所」です。


高速道路を使って車で生口島へアクセスする場合

高速道路を使って車で生口島へアクセスする場合、生口島サイクリングのスタートは、「瀬戸田サンセットビーチ」がおすすめです。


瀬戸田サンセットビーチは、美しい海岸線が800mにわたって続く、絶好の海遊びができる海岸で、モニュメントなども「インスタ映え」すると評判です。

画像の説明
海岸線が美しい
瀬戸田サンセットビーチ


モニュメント
サンセットビーチには
モニュメントの写真ポイントも


サンセットビーチには、レンタサイクルターミナルがあり、お子様用の自転車もレンタルすることができます。

画像の説明
子供用自転車や電動アシスト自転車も
レンタルできます。


駐車場も無料で、午後21時までは駐車することができます。


「子供用の自転車が出払っていたらどうしよう」と心配なかたは、事前に電話で予約しておくとよいでしょう(※)


サンセットビーチに在庫が無い場合は、他のレンタサイクルターミナルから、回送しておいて準備しておいてくれます。


(※)GWなどのハイシーズンには、早めの予約をおすすめします。特に2019年のGWについては、既に予約が満杯な状況だそうです。


尾道から船で生口島へアクセスする場合

尾道から船で、生口島の瀬戸田港アクセスすることもできます。

画像の説明
尾道から生口島へ船で
アクセスできます。


  • 尾道~瀬戸田航路⇒公式ページ
  • 料金:大人1200円、子供600円
  • 運行時刻:1時間20分から1時間30分ごと
  • 運行時間:約1時間

瀬戸田のレンタサイクルターミナル「瀬戸田観光案内所」までは、瀬戸田港からしおまち商店街を歩いて、歩いて10分くらいです。





「瀬戸田観光案内所」にも、子供用自転車や電動アシスト自転車もありますが、台数的には、瀬戸田サンセットビーチよりは少ないようです。

画像の説明

画像の説明

画像の説明
電動アシストのレンタルは
早い段階で貸し出し済みに




生口島サイクリングのファミリー向けおすすめモデルコース

スタート地点として、「瀬戸田サンセットビーチ」と「瀬戸田観光案内所」の2か所を紹介しましたが、おそらく


車で生口島へ行ってレンタサイクルを借りてサイクリングしたい


という、お子様連れのサイクリングが多いだろうと思いますので、「瀬戸田サンセットビーチ」からのスタートということで、モデルコースを考えてみました。

瀬戸田サンセットビーチから多々羅しまなみ公園まで往復(初心者向け)

  • 往復距離:約24km
  • 高低差:約60m
  • 走行時間:約3時間(往復・ランチ時間は含まず)
  • 初心者向け

子供さんが小学校の低学年のファミリーの方や、あまり自転車に乗り慣れていない方向けへおすすめの、モデルコースです。


生口島から多々羅大橋を渡って多々羅公園へのコースは、しまなみ海道のサイクリングの中でも、私が特に初心者の方向けに、おすすめするコースです。


生口島の外周道路から、多々羅大橋へ上るまでは、高低差が60mほどありますが、緩やかな一定勾配です。

ファミリー2
勾配は緩やかなので
がんばって登ってみましょう。


アクセス道路にはところどころ休憩箇所や、写真撮影のスポットもありますので、小まめに休憩を取りながら、ゆっくりと登っていきましょう。

画像の説明
小まめに休憩を取りながら
登っていきましょう。


少しのがんばりは必要ですが、ちょっと頑張って登ると、多々羅大橋からの絶景が迎えてくれます。

画像の説明
多々羅大橋からの
絶景が迎えてくれます。


多々羅大橋では、「鳴き龍」という橋の共鳴現象も体験できます。


この場所に置いてある拍子木を打つと、橋の塔頭を、まるで音が駆け上っていくような、こだまを体験できます。


お子様受け、間違いないと思いますよ。

鳴き龍をするファミリー
音が上っていくのを
見上げるファミリー


多々羅大橋を降りると、このモデルコースの目的地「多々羅しまなみ公園」です。


多々羅しまなみ公園は、「サイクリストの聖地碑」がある、しまなみ海道のサイクリングで、もっとも有名な場所です。

画像の説明
しまなみ海道のサイクリングで
一番有名なスポットです。


このサイクリストの聖地碑のまわりに、変わったステンレスの彫刻があります。


このステンレスの彫刻、「6人のシクリスト」という、自転車のスタンドになっています。


お子さんと一緒に、どのようなしたら自転車を掛けられるか、挑戦してみて下さいね。

大三島 (35)
サイクリストの聖地碑の
周りにあつまる人たち


画像の説明
意外に頭を使いますよ。



多々羅しまなみ公園の周りのおすすめランチスポット

このモデルコースのゴールは、この多々羅しまなみ公園になります。


多々羅しまなみ公園でランチということになりますが、この多々羅しまなみ公園の周辺、ランチスポットが実はあまり多くないのです。


というか、高い!!!


多々羅しまなみ公園の中に入っているレストランは、「高級魚マハタ」をメインに押し出していて、一番お値打ちの「マハタラーメン」でも、1,030円は高すぎだと思うんですよね。


お値段については、レストランの公式ページを確認願います。⇒多々羅公園しまなみレストラン


ひらめ料理が美味しいと評判の、「くろしお」さんも、かなりいいお値段です。