トップ>しまなみ海道自転車レンタル

しまなみ海道で自転車はレンタルできる?レンタル料金は?どこでレンタルできるの?



しまなみ海道の自転車をレンタル情報。

レンタサイクルターミナルをすべてまわって、色々と情報を聞いてきました。


画像の説明 画像の説明 

こんにちは。管理人の2ka(つか)です。


このページでは、しまなみ海道で自転車をレンタルする場合の情報を紹介します。

画像の説明
今治側の自転車レンタルなら
サンライズ糸山がおすすめ

しまなみ海道で自転車はどこでレンタルできるの?おすすめのレンタルスポットは?レンタルするときの注意点は?など



しまなみ海道で自転車をレンタルするときの注意点を紹介していますので、ゆっくりとよく読んでみてみてくださいね。

このページの目次

世界で絶賛のしまなみ海道は
自転車でゆっくり走ろう。

広島県の尾道と、愛媛県の今治を、島伝いに繋ぐしまなみ海道は、世界で絶賛されているサイクリングロードです。

しまなみCNN
写真引用元:CNNトラベル

しまなみ海道のサイクリングコースは、CNNで「世界で7つの最高の自転車ルート」の一つとして紹介されています。

こんな世界が認めた「しまなみ海道」は、風景はもとより

サイクリングコース全体に、ブルーラインが引かれていて、安心してサイクリングを楽しむことができます。

橋を渡るサイクリングロードは、自転車と歩行者だけの専用道路ですし、島内の道路も、走っている車の量が少ないため

普段自転車に乗り慣れていない人でも、安心して自転車に乗ることができるのも、しまなみ海道の魅力です。

地元の人も自転車の利用者を優しくしてくれて、みんなで、しまなみ海道を盛り上げようという雰囲気がすばらしいです。

さあ、あなたも、自転車をレンタルして、サイクリングを楽しみに、しまなみ海道へ出かけてみませんか。。


1.しまなみ海道で自転車をレンタルできる場所

しまなみ海道で自転車をレンタルできる場所は、レンタサイクルスポットと呼ばれています。

このレンタサイクルスポットは、「一般社団法人しまなみジャパン」という、公共に近い団体が運営する、自転車をレンタルしてくれる場所です。

ですので、お手ごろの値段で、自転車をレンタルできますし、レンタサイクルスポットの数も多いです。

しまなみ海道内に、レンタサイクルスポットは、全部で13箇所あります。

レンタルできる場所の内訳は、以下の表のとおり、尾道市内1箇所、今治市内3箇所、そのほかは各島内に9箇所になります。

表内の「詳しく」をクリックすると、レンタル場所の地図や台数など、詳しい情報を紹介していますので、クリックしてみてくださいね。

1-1.しまなみのレンタサイクルターミナル13か所一覧表

広島県側レンタサイクルターミナル営業時間リンク
尾道尾道港(駅前港湾駐車場)
おすすめ!
7:00~19:00詳細ページ
向島尾道市民センターむかいしま8:30~19:00詳細ページ
因島土生港(尾道市中央駐車場)8:30~19:00詳細ページ
生口島瀬戸田観光案内所9:00~17:00詳細ページ
尾道市瀬戸田サンセットビーチ
おすすめ!
9:00~17:00詳細ページ
愛媛県側レンタサイクルターミナル営業時間リンク
大三島上浦レンタサイクルターミナル
(道の駅:多々羅しまなみ公園)
おすすめ!
9:00~17:00詳細ページ
大三島レンタサイクルターミナル
(道の駅:しまなみの駅「御島」)
9:00~17:00詳細ページ
伯方島伯方島レンタサイクルターミナル
(道の駅:伯方・S・Cパーク)
9:00~17:00詳細ページ
大島宮窪レンタサイクルターミナル
(宮窪観光案内所)
9:00~17:00詳細ページ
吉海レンタサイクルターミナル
(道の駅:よしうみいきいき館)
9:00~17:00詳細ページ
今治中央レンタサイクルターミナル
(サンライズ糸山)
おすすめ!
8:00~20:00
(4月~9月)
8:00~17:00
(10月~3月)
詳細ページ
みなと交流センターレンタサイクルターミナル
(はーばーり)
9:00~17:00詳細ページ
JR今治駅レンタサイクルターミナル
おすすめ
8:30~17:00詳細ページ

また、このレンタサイクルスポットとは別に、尾道と今治には、あの自転車の有名ブランド「ジャイアント」が運営する、レンタサイクルもあります。

ジャイアントが運営するレンタサイクルは、上で紹介した「しまなみジャパン」とは違い、高級なロードバイクという、格好いいスポーツタイプの自転車を、レンタルしてくれます。

ジャイアントのレンタサイクルについては、次のページで紹介します。


1-2.ヘルメットのレンタルはできる?

自転車に乗るときは、必ずヘルメットを被るようにしましょう。

実はこのブログ管理人2ka(つか)も、ヘルメットを被っていたお陰で、命拾いをした経験をしています。

こちらの動画は、ボーっと自転車でサイクリングをしていた私が、ガードレールに突っ込んで、ひっくり返り、したたか頭を打ってしまったときの動画です。


ですが、しっかりとヘルメットを被っていたので、頭をうったにも関わらず、なんともありませんでした。

こんなこともあるので、必ずヘルメットは被るようにしましょう。

で、レンタサイクルターミナルでは、1台につきひとつ、ヘルメットを無料でレンタルしてくれます。

必ずヘルメットは被ってくださいね。

しまなみ自転車レンタルDSC09587
ヘルメットは無料でレンタルできます。


2.しまなみ海道でレンタルできる自転車の種類と料金

レンタサイクルスポットでレンタルできる自転車の種類は、次の写真のような自転車をレンタルすることができます。

しまなみ自転車レンタルDSC09742

2-1.ママチャリ、シティーサイクル、マウンテンバイク型、クロスバイク、子供用自転車 、チャイルドシート付き

レンタサイクルスポットでは、一般的な自転車をレンタルできます。

それぞれのレンタサイクルスポットで、扱っている自転車の種類や台数に限りがありますので、使いたい自転車があれば、電話で確認しておきましょう。

しまなみ自転車レンタルDSC09588

広島県側の予約・問い合わせ0848-22-3911しまなみジャパン
愛媛県側の予約・問い合わせ0898-41-3196サンライズ糸山


2-2.電動アシスト付き自転車

レンタサイクルターミナルが限定されますが、電動アシスト付き自転車もレンタルできます。

電動アシスト付き自転車は、貸出時間が6時間と制限されています。

また、電動アシスト付き自転車は台数も制限されていて、人気があるので、すぐに出払ってしまうようです。

どうしても電動付きアシスト付き自転車が良いという人は、あらかじめ予約をしておきましょう。

2-3.レンタサイクルターミナルでは二人のり自転車の予約もできます。

しまなみ海道は、公道にも関わらず、二人乗り自転車で走ることができます。

二人乗り自転車002
公道でも二人乗りが許可されています。

タンデム250

二人乗り自転車のイベントの様子も紹介していますので、よろしければご覧ください。
愛いっぱい。春の二人乗り自転車ツアーイベント

最近では、このような二人乗り自転車で走れるサイクリングロードも増えてきているようですが、

しまなみ海道ほど安心して二人乗りを楽しむことができるサイクリングロードは、日本中を探しても、それほど多くはないでしょう。

しまなみのレンタサイクルターミナルでは、この二人乗り自転車「タンデム自転車」のレンタルもできます。

タンデム自転車についてレンタルできる場所は、今治の「サンライズ糸山」と生口島の「サンセットビーチ」です。

これについても、場合によっては、希望するレンタサイクルターミナルへ持ってきてくれるかもしれませんので

詳しくは確認をしてみましょう。

広島県側の予約・問い合わせ0848-22-3911しまなみジャパン
愛媛県側の予約・問い合わせ0898-41-3196サンライズ糸山

2-4.レンタル自転車の料金

レンタル自転車の料金ですが、これはレンタサイクルターミナルで自転車を借りる場合は、どこも一律になっています。

項目備考
大人用自転車1,000円どのタイプでも
1日あたり
子供用自転車
(小学生以下)
300円どのタイプでも
1日あたり
電動アシスト付き自転車
(大人用のみ)
1,500円6時間までの限定
乗り捨て不可
タンデム自転車1,200円1日あたり
保証料(大人)1,000円同じステーションに
返却された場合に
戻ってきます。
保証料(子供)500円

3レンタルしたい自転車を予約するときの注意点。

3-1.レンタルしたい自転車は、予約がおすすめ。

レンタサイクルスポットでは、レンタルした自転車の予約ができます。

レンタルに関する予約や問い合わせは、広島県側のレンタサイクルスポットについては「しまなみジャパン」、今治側の問い合わせは、「サンライズ糸山」になります。

この二か所が総括して、予約やお問い合わせに対応してくれますので、連絡してみましょう。

「○月○日に、電動アシスト付自転車を、○○のレンタサイクルスポットで○台レンタルしたい。」

というふうに予約をしておけば、当日までに、希望するレンタサイクルスポットで準備しておいてくれます。


3-2.予約は6ヶ月前から受付け

レンタル自転車の予約は、6ヶ月前からの受付になります。

予約ができるといっても、電動アシスト自転車や、タンデム自転車(二人乗り自転車)は、台数に限りがありますので、早めの予約がおすすめです。


3-3.ハイシーズンのときは、予約が限定される。

レンタサイクルスポットでは6ヶ月前から受け付けているということですが、ゴールデンウィークや、お盆休みなどのハイシーズンでは

自転車のレンタルの予約は、数量が限定されていて、早いもの順になるそうです。

これは、かなり残念ですね。

ちなみに、こちらの写真は先日の休日、秋晴れのサイクリングにもってこいの日に、今治側のレンタサイクルスポット「サンライズ糸山」の10時半頃の写真ですが

この時間には、スポーツタイプの自転車はすべて貸し出されていて、ママチャリタイプしか残っていませんでした。

しまなみ自転車レンタルDSC09589
10時半にはママチャリしか
残っていませんでした。

当然、電動アシスト付自転車も、すべて貸し出し済みになっていました。

しまなみ自転車レンタルDSC09741
電動アシスト自転車のレンタルは
早急になくなります。

広島県側の予約・問い合わせ0848-22-3911しまなみジャパン
愛媛県側の予約・問い合わせ0898-41-3196サンライズ糸山


4.レンタルした自転車を「乗り捨て」するときの注意点

しまなみのレンタサイクルターミナルで借りた自転車は、しまなみ海道内のレンタサイクルターミナルで、乗り捨てができます。

自転車乗り捨て_01
自転車乗り捨て_02
自転車乗り捨て_03
借りた場所以外でも
乗り捨てできます。

つまり、「今治から生口島まで行って、生口島からは船で尾道へ行きたいなぁ」とか、「今治から尾道まで走って、尾道からはJRで東京へ帰りたいなぁ」などという場合も

それぞれの目的地のレンタサイクルターミナルで、乗り捨てができるわけです。

ですが自転車の乗り捨てには、注意点がいくつかあります。

4‐1.乗り捨てをした場合は、保証料は戻ってこない。

レンタサイクルターミナルで自転車を借りるときは、自転車のレンタル代金のほかに「保証料」を払います。

この保証料は、出発したレンタサイクルターミナルで自転車を返却する場合は、戻ってきますが、同じレンタサイクルターミナルで返却しない場合は、保証料は戻ってきません。(※)

(※今治市内でレンタルした場合は、今治市内の3か所であれば、どこに返却しても、保証料は戻ってきます。また、同じ島内での乗り捨ての場合も、保証料は戻てきます。)

4-2.自転車の返却は、営業時間内に

レンタサイクルの返却は、基本的に営業時間内に行う必要があります。

営業時間については、このページの一番最初に紹介していますので、よ~く確認しておきましょう。

レンタサイクルターミナルの営業時間を再度確認

営業時間内に自転車を返却しないと、翌日にでも返却する必要が出てきます。

翌日返却となると、実際にはなかなか難しい状況になると思いますので、余裕をもって返却できるようにしましょう。

4-3.もし営業時間に間に合わなかった場合は

もし営業時間に間に合わなかった場合は、今治市内であれば、以下の二か所で返却することができます。

今治市役所本館前駐車場8:30~22:00返却のみ
今治港駐車場24時間24時間返却可

今治港湾の駐車場内には、営業時間を過ぎた場合、こちらの写真のようなポストが設置されます。↓↓↓

しまなみ自転車レンタルDSC09561

しまなみ自転車レンタルDSC09563

こちらのポストは24時間自転車を返却することができるポストです。

自転車を所定の位置に駐車し、施錠したのちに、カギをこのポストに入れることで、返却することができるそうです。

詳しい方法は、今治のレンタサイクルターミナル「みなと交流センター」へ確認したほうがいいと思います。

尾道側のレンタサイクルターミナルの問い合わせセンター、「しまなみジャパン」へ「今治の港では24時間返却できるそうだけど、尾道ではそんなサービスはないんですか?」と聞いたところ

尾道側の電話の応対をしてくれた人は、「今治側の24時間の返却サービスは中止になったはずです」との回答でした。



おかしいなぁと思い、再度、今治の「みなと交流センター」へ確認したところ、「大丈夫。できます。」という回答でしたので、現地ルールのようなものがあるのかもしれません。

場所レンタサイクルターミナル名営業時間
今治みなと交流センターレンタサイクルターミナル
(はーばーり)
9:00~17:00
24hr返却可
住所今治市片原町1-100-3
みなと交流センター「は-ばり-」内
電話番号0898-35-5090
アクセス今治桟橋バス停・今治港

画像の説明 画像の説明 

次の記事⇒しまなみ海道のレンタサイクルでロードバイクはレンタルできるの?


初心者におすすめのしまなみの本

画像の説明

初心者におすすめのしまなみの本といえば、間違いなく「しまなみ島走book」です。なんといってもこの本は、しまなみでサイクリングガイドをしている「宇都宮一成さん」という方が、しまなみの面白いところや注意するところを、すべて紹介している本です。この本が一冊あれば、他の本は一切要らないというすぐれものです。宇都宮一成さんは新婚旅行を二人乗り自転車で世界一周してきたというすごい人なんです。そんな宇都宮さんが書いた本だから間違いないのです。

本の内容はこちらで詳しく紹介しています。⇒初心者におすすめのしまなみの本


【しまなみ海道初心者のためのモデルコース】

尾道発しまなみ海道初心者おすすめコース

auto-Kd3MsT.jpg

尾道から、しまなみ海道の最初の島「向島(むかいじま)」へは、橋で渡るよりもフェリーで渡りましょう。フェリー代金は70円~110円、乗っている時間も5分ほどです。尾道と向島を結ぶ橋は、車がすぐ脇を通るので危険なので・・・

今治発しまなみ海道初心者おすすめコース

今治発

今治側からのしまなみ海道への旅は、しまなみ最長の橋「来島海峡大橋」からスタートになります。この「来島海峡大橋」と生口島と大三島の間に掛かる「多々羅大橋」が、しまなみ海道の橋の中で、私は断然トップ1、2の美しさです。折角ならば・・・

大三島発しまなみ海道初心者おすすめコース

Rdbc9a679569a407fda1f6ecce8fbccfb_m.jpg

大三島は、しまなみ海道のほぼ真ん中にあたります。大三島と隣の生口島を結ぶ「多々羅大橋」。その姿は美しく、しまなみ海道の中でも、橋からの眺めは、来島海峡大橋と並んでトップ1,2です。大三島は見どころの多い島ですが、最近のイチオシは・・・