しまなみ海道サイクリング初心者ねっと

しまなみ海道初心者向けのおすすめ情報を発信するしまなみ海道サイクリング初心者ねっと

しまなみサイクリング02

「しまなみ海道サイクリング初心者ねっと」は、しまなみ海道の魅力に魅せられ、毎年10回以上通算30回以上しまなみ海道をサイクリングしている私が、

はじめてしまなみ海道をサイクリングする方のために、おすすめコースや見どころのポイント、グルメ情報やお役立ち情報などを発信する、しまなみ海道サイクリングに特化したブログです。

「しまなみ初めてだけど大丈夫かなー」と思っているサイクリング初心者や、「子供も一緒だけど大丈夫かなー」と思っている若いママさま方にも、


無理なく楽しめるしまなみ海道サイクリングのおすすめコースやおすすめのグルメスポット情報を、紹介したいと思っていますので、お役立ていただけると幸いです。

しまなみ海道サイクリング初心者のためのおすすめコンテンツ

尾道発しまなみ海道初心者おすすめコース

auto-Kd3MsT.jpg

尾道から、しまなみ海道の最初の島「向島(むかいじま)」へはフェリーで渡りましょう。フェリー代金は70円~110円、乗っている時間も5分ほどです。待ち時間もそれほどなく、5分~10分間隔で運行しています。フェリーは3航路ありますが、一番おすすめのフェリーは、一番東寄りにある「尾道渡船・・・

今治発しまなみ海道初心者おすすめコース

今治発

今治側からのしまなみ海道への旅は、しまなみ最長の橋「来島海峡大橋」からスタートになります。この「来島海峡大橋」と生口島と大三島の間に掛かる「多々羅大橋」が、しまなみ海道の橋の中で、私はトップ1、2だと思います。まずはこの来島海峡大橋や、しまなみ海道の島々を眺めることのできる、糸山展望台へ行ってみましょう。

大三島発しまなみ海道初心者おすすめコース

Rdbc9a679569a407fda1f6ecce8fbccfb_m.jpg

大三島は、しまなみ海道のほぼ真ん中にあたります。大三島と隣の生口島を結ぶ「多々羅大橋」。その姿は美しく、しまなみ海道の中でも、橋からの眺めは、来島海峡大橋と並んでトップ1,2です。大三島からは、レモンの島「生口島」へ行ってもいいし、伯方の塩で有名な「伯方島」へ行ってもいいのですが、私の最近のイチオシは・・・

しまなみ海道のおすすめ立ち寄り箇所

auto-C1yjfd.jpg

しまなみ海道には見どころが沢山あります。ですが普通にサイクリングしていると、走ることだけに一生懸命になって、あとから「折角しまなみに行ったのに、見過ごしてしまった~」ということに成り兼ねません。このページでは、しまなみ海道のサイクリングに来たなら是非行って欲しい、おすすめの立ち寄りスポットを紹介します。

しまなみ海道サイクリンググルメ情報

auto-E1rKd8.jpg

しまなみ海道のグルメ情報は、ぐるなびなどを見ても、「あまりあてにならない」というのが正直な感想です。例えば、尾道ラーメンの1位人気の有名店Sなんて、私の妻(A型)曰く、「え、これが!!?」という感想です。そんな妻をして「これはいいよ」とか「これは高いけど本当に美味しい」と納得させた・・・

しまなみ海道サイクリングのお得情報

auto-XsBnfg.jpg

しまなみ海道へ行くには、様々なアプローチがありますね。電車やバスで輪行したり、車に自転車を積んで行ったり、港から船を使ったりといろいろな方法があります。更にさらに、四国側のしまなみの玄関口である今治では、早朝喫茶なんてものがありまして、朝の5時から営業したりしています。このページではそんな・・・


新着記事

しまなみ海道キャンプ&ライドが、もう間もなく募集開始

しまなみキャンプ

しまなみ海道でゲストハウスやポタリングツアーを企画するNPO法人「シクロツーリズムしまなみ」が、「第二回、しまなみ海道キャンプ&ライド」の募集を6月1日の昼12:00から募集開始です。

昨年行われた第一回ツアーでは、「しまなみでサイクリングもしたいし、キャンプもしたい」といった女子の参加が6割以上を締め、大感動のフィナーレを迎えることができました。おそらく、早い段階で満杯になると思いますので、参加したい方は、なるべく早い申し込みをおすすめします。

第一回の「しまなみ海道キャンプ&ライド」の様子は、こちらからご覧いただけます。

詳しくはこちら

(2018-05-27)

しまなみサイクリング初心者にもおすすめ。しまなみ海道でイルカと触れ合えるおすすめスポット

しまなみドルフィンファーム

しまなみ海道に、実はイルカと触れ合える、サイクリングの初心者にもおすすめの立ち寄りスポットがあります。

その場所は、なんと「塩ソフト」で有名な伯方島マリンパークに隣接しているんです。その代金、なんと500円・・・

つづき・・・>しまなみサイクリングの初心者に、是非立ち寄って欲しい、イルカと触れ合える「しまなみドルフィンファーム」

イルカと触れ合う様子を動画で紹介しています。

詳しくはこちら

最近訪問した、しまなみでおすすめのランチ情報

私がおすすめの魚のランチはこちら「きつねのぼたん」さん

詳しくはこちら

インスタ映え感半端ないカフェ「「典座(てんぞ)」さん

詳しくはこちら

しまなみ海道は二人乗り自転車でも走れるので、すべての人におすすめのサイクリングコースです。



しまなみ海道は、二人乗り自転車で楽しむことができるサイクリングコースです。

小さなお子様連れのファミリーの方は、二人乗り自転車でのサイクリングもおすすめできます。

「自転車の二人乗りは禁止じゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、自転車王国の愛媛県では、タンデム自転車という二人乗り専用の自転車での二人乗りは、認められているのです。

先日行われました、NPO法人「シクロツーリズムしまなみ」さんの二人乗り自転車へ参加したときの様子を紹介しています。

詳しくはこちら


しまなみ海道サイクリング初心者におすすめのしまなみの本

画像の説明

初心者におすすめのしまなみの本といえば、間違いなく「しまなみ島走book」です。


なんといってもこの本は、しまなみでサイクリングガイドをしている「宇都宮一成さん」という方が、しまなみの面白いところや注意するところを、すべて紹介している本です。この本が一冊あれば、他の本は一切要らないというすぐれものです。


宇都宮一成さんは新婚旅行を二人乗り自転車で世界一周してきたというすごい人なんです。そんな宇都宮さんが書いた本だから間違いないのです。


本の内容はこちらで詳しく紹介しています。⇒初心者におすすめのしまなみの本


シクロツーリズムしまなみさんがゲストハウスで働くスタッフ募集

しまなみ海道で様々なイベントを展開するNPOシクロツーリズムしまなみ。

私もいろんなツアーに楽しく参加させて頂いています。

このシクロツーリズムしまなみが運営する、「シクロツーの家」で働くスタッフを募集しています。


しまなみ海道の初心者へおすすめと評判のシクロツーリズムしまなみのツアーへ行ってきました。

シクロツーリズムしまなみ評判ツアー1

しまなみ海道の初心者にも、最高のしまなみ海道を満喫できるツアーを企画していると評判のNPO法人「シクロツーリズムしまなみ」。このシクロツーリズムしまなみが企画した「第一回しまなみ海道キャンプアンドライドツアー」へ参加してきました。

「しまなみ海道をキャンプをしながらサイクリング」という、しまなみ海道のツアーとしてははじめての挑戦的なイベントでしたが、サイクリング初心者も全員、約120kmのしまなみ海道を走破し、ゴールでは涙涙のお別れのシーンでした。

そんな初心者向けのシクロツーリズムしまなみのツアーの様子を紹介します。


しまなみ海道サイクリング初心者のためのおすすめコース

しまなみ海道のほぼ真ん中「大三島」からの初心者向けのおすすめコース

大三島から

「サイクリストの聖地」とされているのが、この大三島の「多田羅しまなみ道の駅」です。

駐車場も無料でできますし、駐車できる台数も300台と、しまなみの中で圧倒的に多いです。

しまなみ海道のほぼ中央にあたるので、大三島内を走ってもいいし、愛媛側の伯方島へ行ってもいいし、広島側の生口島へ行っても良いしと

最も、しまなみ海道サイクリングの初心者が楽しむことができるスタート地点と言えると思います。

つづき・・・>初心者におすすめ多田羅しまなみ道の駅からしまなみを回るコース

広島県尾道発の初心者向けのおすすめコース

フェリー

尾道からしまなみ海道への第一歩は尾道の向かい側、向島へフェリーで渡りましょう。

尾道と向島を結ぶ橋は、しまなみ海道の橋と違って、自転車に優しくない橋です。

尾道駅の目の前からフェリーが頻繁に出ていて、フェリー代金も110円と安いですので、これを利用するのがおすすめです。

つづき・・・>しまなみ海道 尾道側からの初心者おすすめコース


愛媛県今治発の初心者へおすすめのコース

糸山

愛媛県の今治側から出発する場合は、「サンライズ糸山」というサイクルステーションから出発するのは、初心者へおすすめできるコースです。

食事やトイレなどの施設も充実しているし、スタッフも皆さん親切です。レンタサイクルも充実しています。

なんといっても駐車場が無料というのがうれしいです。

つづき・・・>しまなみ海道 愛媛側からの初心者おすすめコース




是非行って欲しい「村上海賊の娘」の舞台

しまなみ海道の中でも特に私が大好きな場所を紹介したいと思います。

この場所では本屋大賞を受賞した、「村上海賊の娘」の舞台となった能島を眺める場所で、村上海賊が活躍した潮の流れ、渦潮などを目の前に見ることができる場所です。


しまなみ海道というと、もちろん橋から眺める瀬戸内の景観や、展望台から眺める橋の景観や夕陽も素晴らしいのですが、この能島を眺める場所は、もっとも「瀬戸」を感じられる場所で、是非行っていただきたいスポットのひとつだと思うのですよ。

潮流体感スポット


ちょっとお役立ち情報

しまなみ海道へ車で行く場合はETCが不可欠です。

サイクリングの初心者の方は、「車で行ってレンタサイクルを借りてしまなみをサイクリングしたい」という方も多くいらっしゃると思います。

そんなとき、しまなみ海道を車で利用する場合はETCカードが不可欠です。

何故なら「しまなみ海道」のETCカードの割引率は、「普通の高速道路」より圧倒的に大きいからです。

etc料金
ETCを使うと40%オフで利用できます。

この40パーセントオフの割引は、いつでも割引対象です。「通勤割」とか「○○割」とか、全然関係ないのです。いつでもこれだけの割引率ですので、ETCを上手に利用しましょうね。


しまなみは初心者のサイクリストでも楽しめます。

しまなみは初心者のサイクリストやお子さんやママさんの友達同士でも楽しめる絶好のサイクリングコースだと思います。

しなまみ街道は、初心者のサイクリストやお子様連れのファミリーの方や女子同志のお友達でも、それぞれに楽しめる絶好のサイクリングコースだと思います。

大三島サイクリング027
ファミリーでサイクリングを楽しんでいる方も多くいらっしゃいます。(大三島にて)

こちらのサイトはアラフィフの筆者が、しまなみ海道になんとなくサイクリングをしてそのあまりの心地よさに、しまなみ海道の魅力にとりつかれて高額な(アラフィフのおやじにしてはです。)自転車も購入し、時間があるごとに訪れるようになった、しまなみ海道の魅力を紹介するブログです。

キャノンデール2
アラフィフ単身赴任おやじにしては高額なキャノンデール


しまなみサイクリングの心地よさに魅了されたアラフィフの筆者

私はしまなみ街道にはじめて行くまで、それほどサイクリングに興味があるわけではありませんでした。

ですが、ふと見たテレビで可愛い女性アナウンサーが、しまなみ海道をサイクリングしている姿と夕日とがやたらに気持ちよさそうだったので

しまなみサイクリング1
橋から眺めるだけで嫌なことを忘れられます。

「しまなみってそんなに気持ちがいいのかなぁ」と思ったのが、事のはじまりなわけです。

そうして唐突にしまなみ海道へ行ってみました。すると本当に最高に心地よかったわけですよ。

来島海峡大橋夕日
撮影日10月2日 16:10頃 伯方島ー大島大橋から今治方向を見る

このブログを書いている筆者はアラフィフ(50歳間近)です。子供は大学生の男の子が3人でお金もかかりますし、毎月のお小遣いも据え置き据え置きで、結婚してから「お小遣いアップ」は「却下」です。

単身赴任していて会社では中間管理職、部下からの不平に突き上げられ、上司からは抑えられ

「なんだかなぁ~」

そんなふうに愚痴をいいながら、スルメを齧りながら安い日本酒を飲むのが楽しみという、ごく平凡なサラリーマンです。

そんな平凡なサラリーマンの筆者が、ある日通勤に使っている自転車を車に詰め込み
唐突に

「しまなみ海道へサイクリングへ行ってみよう」

と、思いたち自転車を車に押し込み、ある夏の終わりにしまなみへと出掛けたわけです。


初心者のおやじがはじめての「しまなみ海道のサイクリング」で感じた心地よさ

しまなみ海道は、愛媛の今治と広島の尾道を結ぶ高速道路の脇を走る橋です。高速道路とは頑丈なガードレールでしっかりガードされていますから、安心して走ることができます。

ただ問題は一般道路からしまなみ海道へ乗るときに、高速道路と同じように、長いランプがあります。(高速道路にのるときのグルグル回る道のことです)

しまなみ海道へ行く前はこの乗り入れランプが「登って行くのに大変」と聞いていたのです。


しまなみ海道への乗り入れランプはそれほど初心者でも苦ではない。

このしまなみ海道への乗り入れランプですが、アラフィフのおやじにとっては、「結構体力を使って大変だろうな」となんとはなしに思っていました。

大三島サイクリング006
しまなみへのランプは大変だろうと漠然と思っていました。

ですが、実際に上って行くと、それほど苦にはならないものです。

坂は一定の勾配ですから、ペダルを踏みやすいギアにセットして、同じペースで自転車をこいでいれば、左程疲れるものではありません。

それに、次から次へと移り行く景観は、走っていて退屈するものでもありません。

大三島サイクリング003
ランプをのぼりながら移り行く景観は全く飽きさせません。

そして登り切った時、若干の「やり切った感」も感じることができると思います。登り切った後には「しまなみ海道」の他ではなかなか体験することができない、すばらしく心地の良い景観が迎えてくれます。

しなまみ街道の橋の上で感じる最高の心地よさ

しまなみ海道の橋の上にはじめて自転車を乗り入れたとき、なんともいえない心地よさに、感動のあまり、

「しまなみ海道ってなんと心地良いんだ」

と、声がもれました。

しまなみサイクリング03
360広がる大パノラマは日頃のうっぷんをを解消するのにうってつけ

「気持ちよい」「リフレッシュ」「いやし」「快感」「きれい」「すばらしい」「絶景」

自然や景観を賞賛する言葉はいろいろあると思いますが、私がしまなみ海道でもっともピタッとはまるのは

「心地よい」

という言葉がピタッとはまるような気がします。

そんな「心地よい、しまなみ海道」を、サイクリング初心者のアラフィフ筆者でも無理なく楽しめている、しまなみ海道のおすすめサイクリングコースを紹介するブログです。

サイクリング初心者のアラフィフの筆者が楽しめるているサイクリングコースですから

「しまなみ初めてだけど大丈夫かなー」と思っているサイクリング初心者や
「子供も一緒だけど大丈夫かなー」と思っている若いママさんがたにも

安心しておすすめできるサイクリングコースを紹介できると思っています。


しまなみで食べたおいしいものも紹介します。

せっかくしまなみ海道へ行くのですから
美味しいものも食べなければもったいないですね。

美味しいものと感じるのは人それぞれですし
コスパもあると思います。

この年齢になると「お値打ち」「格安」というのはあまり興味がなく
多少高くても「満足したぁ~」と思えるもののほうが印象に残ります。

しまなみおいしいもの01
大島の「雅」さんで食べた海鮮丼2100円。満足度高し。
雅さんのくわしい様子はこちら

しまなみで「満足した」と感じた食事についても紹介しようと思っています。